国際観光旅客税(出国税)はいつから?使い道も合わせて紹介【出国航空券と一緒に1,000円が徴収】

2019年1月から日本からの出国時に課税される「国際観光旅客税(出国税)」が日本人を含む出国者に課せられる見通しとなりました。

というわけで今回は、出国税とは?いつから?使いみちは?といった疑問に答えつつ、出国税のポイントを解説していこうと思います。

国際観光旅客税(出国税)とは?

2018年4月11日、新たな法律が国会を通りました。その名も国際観光旅客税、通称出国税です。

出国時に日本人だけでなく、外国人に対しても1,000円徴収します。

ただし2歳未満や、乗り継ぎのために入国24時間以内に出国する人は対象外になります。

東京オリンピック・パラリンピックが開かれる2020年に訪日客を4000万人に増やす目標を掲げています。

 

国際観光旅客税(出国税)はいつから?

  • 2019年1月7日から徴収開始

国際観光旅客税(出国税)は、2019年1月7日以降の予約から徴収が開始されています。

 

国際観光旅客税(出国税)の使い道

  • WiFi利用環境の拡大
  • トイレの洋式化
  • 周遊バスの整備
  • 他言語表記の拡大等
  • 出国管理体制の強化

国際観光旅客税(出国税)は、上のような観光インフラを向上させるために使用されます。

表面上では観光振興に税金を使うと公言していますが、本当のところは不透明な部分が多いみたいです。

 

出国税の解説とポイント(徴収方法など)

  • 外国人・日本人に関わらず、出国に1人1000円の課税
  • 航空券購入時に上乗せして徴収
  • 2019年1月7日から徴収開始

簡単にポイントをまとめてみました。

 

国籍を問わず、出国に対して航空券購入時に上乗せして1人1000円の課税。なので日本人も外人さんも日本から出国するすべての人が対象。

肝心ないつから?ってことですが、2019年1月から徴収が開始されます。

 

日本の出国ゲートを通る回数分1,000円がかかるってことなので、1年に何度も海外へ行く人にとっては少し痛手になるかもしれませんね。

数年に1回しか海外へ行かないという人にとっては誤差の範囲内かと。

 

出国税を安くする方法はあるの?

残念ながら、出国税は全員徴収なので安くすることはできません。

通常よりも出国税が高くなった分、できれば海外旅行費を安くしたいですよね。

 

航空券などの旅費を安くできる方法を【超まとめ】できるだけ安く海外旅行をしたいときに役立つサイト【比較検索で最安値】」に詳しく解説しているので、合わせてどうぞ。

【超まとめ】できるだけ安く海外旅行をしたいときに役立つサイト【比較検索で最安値】

 

まとめ

観光振興に税金を使うことは、私は賛成です。

観光インフラがしっかり整えば、日本国民にとっても海外からの観光客やビジネス客にとってもありがたいですね。

政府は出国税の使い方や使い道に関して、慎重に決定して明確に提示欲しいものです。

この記事が気に入ったら
「いいね!」お願いします!

コメント