海外旅行に必須のエポスカードで海外旅行保険が無料

【簡単】自分専用のWi-Fi環境を外出先で作る方法【コンセント直挿型ちびファイ3】

旅行中の滞在先のホテルでフリーWi-Fiが当たり前になってきていますが、海外などはまだまだ有線LANが多かったり、Wi-Fiがあっても安定していなかったりと様々ですよね。

 

そこで今回はそんな状況でも、コンセントと有線LANがあれば自分専用のWi-Fi環境が作れちゃう11n/g/b対応のコンセント直挿型 トラベル無線LANルーターである「ちびファイ3」を紹介していきたいと思います。

コンセント直挿型 トラベル無線LANルーター ちびファイ3

ちびファイ3とは?

「ちびファイ3」は、ホテルや外出先のLANポートに接続、またはWiFiに接続するだけで手軽に無線LAN環境を構築できる、コンセント直挿型のトラベル無線LANルーターです。

 

プラグを起こしてそのままコンセントに挿しこみホテルのLANコネクターと繋げるだけ、有線LANの無いホテルではWiFi設定を行うだけで、すぐに使えます!

 

ちびファイ3の外観

見た目はこんな感じのシンプルなデザインです。

サイズ:約30(W)×45(H)×55(D)mm

 

 

裏面にはLANの接続部分があります。また、SSIDやパスワードも記入してあります。

 

 

使用するときはコンセント部分を立ち上げて差し込みます。使わないときはしまっておいてコンパクトに持ち運ぶことが可能。

 

ちびファイ3を実際に使ってみて便利だった所

旅行先でも簡単にWi-Fi環境が作れる

この1台だけ持っていれば従来のようなUSB充電器やACアダプタは必要なく、出先でも簡単に無線LAN環境が構築可能です。

 

最近はWi-Fiがあたり前になってきていますが、無いところもあるのでそういった場合に重宝しています。

 

スマートスピーカー(AIスピーカー)にも対応

Google HomeやAmazon Echoなどといったスマートスピーカー(AIスピーカー)にも対応しており、ちびファイ3とスマートスピーカーを持ち運んで移動先もスマートホーム化が簡単にできちゃいます。

 

たまに「家をスマートホーム化したい」と言った依頼を受けることから、僕にとってはかなり便利な機能の1つです。

 

「WiFi-WiFi」モードが意外に便利!

旅行などでスマートフォンやタブレットを持ち歩く場合、泊まるホテルごとにWiFi設定を変更する必要があり、特に複数あると非常に手間のかかる面倒な作業でした。

しかし「WiFi-WiFi」モードを使えば、スマホなどの設定はそのままで、
『ちびファイ3』のWAN設定1か所のみの変更で、すべてのデバイスがそのまま利用可能になります。

また、接続機器台数が制限されているようなホテルであっても、『ちびファイ3』1台でインターネット回線を共有しますので、スマートフォンやタブレットなど複数台を気兼ねなくお使いいただけます。

 

僕は旅行をする時「Macbook Air, Kindle, iPhone, iPad Pro」と少なくても4台持ち運びするんですよね。それぞれの端末でいちいちWi-Fiの設定をするのがめんどくさい。

 

そんな時この「WiFi-WiFi機能」が便利なんです。ちびファイ3をホテルのWi-Fiにつなぐだけでちびファイ3を経由してすべての端末がWi-Fiに瞬時に繋がっちゃいます。ここも結構お気に入りポイントなんです。

 

まとめ

かゆい所に手が届く「ちびファイ3」は海外のみならず、国内旅行をする人、端末を複数持っている人、出張が多い人などにすごくおすすめです!

この記事が気に入ったら
「いいね!」お願いします!

コメント