送料無料!台湾からお土産を取り寄せできるサービス

バンコクで美味しいプーパッポンカリーを食べるなら「ソンブーン」で決まり!

バンコクで美味しいプーパッポンカリーを食べるなら「ソンブーン」で決まり!

バンコクに訪れたなら絶対に行っておきたいレストラン、「ソンブーン・シーフード」

近年ブレイクしているタイ料理「プーパッポンカリー」の発祥のお店とも言われ、観光客はもちろん、現地の方からもかなり人気のレストラン。

日清カップヌードルや無印良品でも「プーパッポンカリー味」が出るほどの人気ぶりです!

そこで本記事では、バンコクに訪れたら行って食べるしか無い「ソンブーンのプーパッポンカリー」を、実際の写真とともにレビューしていきます。

プーパッポンカリーとは?

プーパッポンカリーとは?

まずは、プーパッポンカリー(Poo Pad Pong Curry)ついて簡単に説明していきます。

プーパッポンカリーは、

  • プー:蟹
  • パッ:炒め
  • ポン:粉
  • カリー:カレー

という名前から分かるように、蟹のカレー粉炒めのこと。

この料理をベースに、ピリ辛の唐辛子で炒めた蟹にココナッツミルクを加え、最後に卵でとじたものがソンブーン・シーフードレストランのオリジナルです。

プーパッポンカリー発祥の店「ソンブーン」

プーパッポンカリー発祥の店「ソンブーン」

ソンブーン・シーフードは、プーパッポンカリーの発祥のお店、元祖のお店として有名なタイのレストランです。

1969年に第1号店を開業し、現在はバンコク市内に7店舗を構えています。

» 公式HP:https://www.somboonseafood.com/ja/

バンコクのソンブーン店舗一覧

バンコク市内には、ソンブーンシーフードのお店が7店あります。

路面店

  • バッタントーン(Bantadthong)店
  • スラウォン(Surawong)店
  • ラッチャダー(Ratchada)店
  • ウドムスック(UdomSuk)店

ショッピングモール内店舗

  • サムヤン(SamYan)店(チャムチュリスクエア)
  • セントラルエンバシー(Central Embassy)店
  • サイアム・スクエア・ワン(Siam Square-1)店

ニセ店舗に注意

ソンブーンのHPでも「ソンブーン詐欺」について注意が書かれていますが、偽店舗によるトラブルが多発しているみたいです。

詐欺の詳細は、タクシーやトゥクトゥクドライバーがお店とグルになり、ソンブーンではなく「ソンブーン・ディー」という全く別のお店に連れていくというもの。

名前が似ているから間違えた!なんて言い逃れするみたいですが、気づかずお店に入ってしまう方がほとんどだとか。

こういった詐欺トラブルには気をつけたいですよね。

確実なトラブルの回避方法は、

  • タクシーやトゥクトゥクを利用しない
  • ショッピングモール内の店舗を利用する

といった方法です。

私は今回、サイアム・スクエア・ワン内の店舗で食事をしました。

トイレも綺麗で、クレジットカードでお支払いもできたので、ショッピングモール内の店舗はおすすめです。

ソンブーンで食べたプーパッポンカリーと人気メニュー

今回は、サイアムスクエアのソンブーンに行きました。

サイアムスクエアはとても広くて分かりづらいので、「サイアム・スクエア-1(SIAM SQUARE ONE)」の4階にあると覚えておいてください!

サイアム・スクエア-1(SIAM SQUARE ONE)のソンブーンシーフード

4階の奥まで歩いていくと、「ソンブーン・シーフード(Somboon Seafood)」の看板が見えてきます。

蟹のマークが特徴的なので、初めて訪れる方でもすぐに分かりますよ。

サイアム・スクエア-1(SIAM SQUARE ONE)のソンブーンシーフード

店前の看板には、「The Original Fride Curry Crab(プーパッポンカレーはうちがオリジナルです)」との文字が。

お店の雰囲気はこんな感じで、高級感がありますね。

お一人様でも何人も来ていたので、一人旅の方でも全く気にしなくても大丈夫ですよ。

お店は4階にあって景色がきれいなので、窓側の席が空いていたらそちらを選ぶのがおすすめです。

ソンブーンシーフードのメニュー

メニューはとても多くの種類があり、欲しい物を見つけたら「This ONE」でOK。

日本語でもメニューが書かれているので、非常に分かりやすいですよ。

ソンブーンシーフードで注文した商品

今回注文したメニューはこんな感じで豪華になりました。

ソンブーンシーフードのプーパッポンカリー

今回の目的でもある、ソンブーンのプーパッポンカリー!

今回は3人での旅行でしたが、せっかくなのでプーパッポンカリーのSサイズ(380バーツ)をひとりずつ注文。

テカテカと輝くオレンジ色のカレーに、たまごやカニが混ざってトロッとした重みを感じるソース。

カニの硬い甲羅と格闘しながら食べるのですが、しゃぶりつくす蟹の身が最高にジューシーです!

殻なしのプーパッポンカリーも注文できるので、手を汚したくない方は殻無しを注文しましょう。

カレーらしく、白米と一緒に食べるのも良さそう。

いやー!凝縮されたカニの旨味が、最高級に美味しかったです!

ソンブーンシーフードのかに団子

こちらは、カニ団子みたいな名前の揚げ物です。

少しすっぱ辛いソースにつけて食べるのですが、独特の味がさらに食欲をそそりますよ。

ソンブーンシーフードのエビのピリ辛炒め

エビのピリ辛炒めです。

ぷりぷりとしたエビに、ニンニク風味のピリ辛味が重なって、とても美味しい味でした。

日本ではなかなか食べることができない味付けなので、ソンブーンへ訪れた際はぜひ食していただきたい一品です。

ソンブーンシーフードのエビフライ

こちらはエビフライ+サラダです。

日本のように長い1本のエビフライではなく、そのままのエビの形にコロモをつけて揚げたもの。

ソンブーンではシュリンプも看板メニューとなっているので、料理の種類も豊富でしたよ。

ソンブーンシーフードの炭酸水

お酒やソフトドリンクはもちろんのこと、お水や炭酸水も有料となっています。

ソーダ水は30バーツ程度と、そこまで高くない印象でした。

ソンブーンのプーパッポンカリーはバンコクで食べるべきグルメ!

というわけでタイ・バンコクで食べられる、「ソンブーンのプーパッポンカリー」を紹介してきました。

タイに行ったら絶対食べておきたいグルメの1つなので、バンコクに訪れた際は、ソンブーンでプーパッポンカリーをご賞味あれ!

タイ旅行の思い出の味になること間違いなしです!

コメント