送料無料!台湾からお土産を取り寄せできるサービス

飛行機のおすすめ座席!快適な機内のために失敗しない座席の選び方

飛行機のおすすめ座席!快適な機内のために失敗しない座席の選び方

最近はネットで飛行機を予約することが多くなり、それに合わせてシートマップから好きな座席を指定できるようになりました。

せっかく飛行機に乗るなら、快適な座席を選びたいですよね。

というわけで今回は、飛行機のおすすめ座席から、快適な機内のために失敗しない座席の選び方まで丁寧に解説していきます。

かっくん
かっくん

今まで何百回も飛行機に乗ってきた私が、あなたに合った座席選らびができるように、ポイントを紹介しますね!

私がいつも選ぶ、おすすめ座席はココ!

私がいつも選ぶ座席は、

  • 国内線:窓側・前方席
    窓から綺麗な景色を見ることができ、すぐ飛行機から降りられるから。
  • 国際線:通路側・前方席
    長時間のフライトでもトイレに行きやすく、すぐ飛行機から降りられるから。

以上のとおりです。

正直なところ座席の選び方は人それぞれなので、座席選びや座席エリア選びのポイントを詳しく解説していきます。

窓側席・通路側席の選択

座席指定するなら綺麗な景色を見れる窓側がベストじゃないの?

こんな声が聞こえてきそうですが、フライト時間でおすすめ座席が決まってきます。

窓側(ウィンドウシート)か通路側(アイルシート)のどちらが良いのか、それぞれのメリットデメリットを解説していきますね。

窓側席のメリット・デメリット

メリット
  • 綺麗な景色を見ることができる
  • シェードの開け閉めが自由
  • 壁にもたれかかって寝られる
デメリット
  • 物入れから荷物を出しにくい
  • トイレに行きにくい
  • CAさんに声をかけにくい

窓側席のメリット・デメリット

メリット
  • いつでも立つことができる
  • トイレに行きやすい
  • 物入れから荷物が出しやすい
デメリット
  • 隣の人が立つたびにどく必要あり
  • もたれる場所がなく寝づらい
  • 眩しくてもシェードを閉められない

前方席・後方席の選択

飛行機の前方・後方どちらが良いか考えたことがなかった。

窓側か通路側かを指定することがあっても、前方後方はあまりこだわりが無かった人も多いのではないでしょうか。

航空会社や機材によって条件は変わりますが、ここでは一般的な前方席・後方席のメリット・デメリットについて解説していきます。

前方席のメリット・デメリット

メリット
  • 乗降ドアが近いので早く降りられる
  • 揺れが比較的少ない
  • ドリンクや食事が早めにもらえる
  • トイレが近いので行きやすい
デメリット
  • 人気なので席選択の競争が激しい
  • 荷物入れが小さいことが多い
  • ビジネスマンが多く、テキパキ動く必要がある

後方席のメリット・デメリット

メリット
  • 荷物入れが大きいことが多い
  • ツアーや団体客が多く、にぎやかな雰囲気を楽しめる
  • CAさんがよく通るので、色々声をかけやすい
  • 予約が余っていることが多く、大人数でも近くの席になれる
デメリット
  • 乗降ドアが遠く、降りするのに時間がかかる
  • 団体客やファミリー層が多く、騒がしい
  • 揺れやすい
  • 食事の選択が無くなっていることがある

その他の特殊なおすすめ座席

上記でお伝えした、前方・後方、窓側・通路側以外にも、その他特殊なおすすめ座席があるので、紹介していきます。

非常口座席

非常口座席

エコノミークラスで非常に人気な「非常口座席」

非常口座席は、非常事態が起こった場合脱出がしやすいように、少し広く作られています。

この席に座るには、「15歳以上で非常時の援助活動に協力できる方のみ」といった条件もありますが、非常事態になることはめったにありません。

通常席よりも足を伸ばすことができ、足元が広い分窓側の席でもトイレに立ちやすので、人気の席となることが多いです。

フライト前にCAさんが「非常口席なので、緊急事態の時は協力お願いします」と挨拶しに来られるので、説明をしっかり聞きましょうね。

壁やトイレの後ろの座席

壁やトイレの後ろの座席

非常口席と同じように人気の席が、「壁やトイレの後ろの座席」

壁やトイレの後ろの席は、座席の前が席ではなく仕切りのため、足元が広い傾向にあります。

また、前に席がないのでリクライニングで狭くなることがありません。

肘掛けが上がらなかったりテーブルが小さめだったりしますが、ゆったりとしているため人気の高い座席です。

トイレ・ギャレー付近の座席

トイレ・ギャレー付近の座席

トイレが近い方や、飛行中に立って体を伸ばしたい人は、「トイレ・ギャレー付近の座席」がおすすめ。

ギャレーとは
飛行機内でCAさんたちが、飲み物や食事の準備をしたりするスペースのこと。

トイレが近くにあると、空いたタイミングですぐにトイレに入ることができます。

また、ギャレーの広いスペースでストレッチをするなど、体を少し伸ばすことができますよ。

トイレの音が少し気になる場合もありますが、長距離の国際線に乗るときなど、比較的自由に動くことができるので人気の座席です。

飛行機の座席選択はSeatGuru(シートグル)が便利【使い方】

SeatGuru(シートグル)

飛行機の座席選択をするとき、SeatGuru(シートグル)というサイトがとても便利です。

SeatGuru(シートグル)は、「飛行機の座席はどこに乗るのが快適か」を教えてくれるとてもありがたいサイト。

航空会社の名前、便名、日付を入れるだけで、簡単にその飛行機のおすすめ座席を知ることができますよ。

さらに座席の快適度だけではなく、トイレやギャレー(飛行機のキッチン)の位置などの機内全体の情報を知ることができます。

その他にも座席の大きさ、コンセントの有無、機内テレビの有無なども詳細情報がまとめてあるので、

SeatGuru(シートグル)にアクセス

SeatGuru(シートグル)は、ホームページから使うことができます。

私は飛行機に乗ることが好きでよく乗るので、ホームページをお気に入りに追加して利用しています。

» SeatGuru(シートグル)にアクセスする

搭乗予定の飛行機情報を入力

まずは、搭乗予定の飛行機情報を入力します。

  • AIRLINE:利用する航空会社の名前(例 JALやANAなど)
  • DATE:フライトする日付(※カレンダーで選択可)
  • FLIGHT # :便名(例 111や1234など)

以上の項目を入力して、「Find Seat Map」をタップ。

フライト候補が表示されるので、自分の乗る飛行機を選びましょう。

シートマップが表示されます

そうすると色分けされた、カラフルなシートマップが表示されます。

飛行機によりますが、上からファーストクラス、ビジネスクラス、エコノミークラスと、スクロールして見ることができますよ。

シートをタップすると、その座席の詳細情報を見ることも可能。(英語)

見ることができる座席の詳細情報
  • 1. Seating details(シート詳細)
  • 2. Travelers photos(利用者の投稿写真)
  • 3. In-flight amenities(機内の設備)
  • 4. Overview(概要)
  • 5. Featured user comments(ユーザーコメント)
  • 6. Seat map key(座席の色やアイコンの説明)

座席の色やアイコンで、おすすめ座席を判断

飛行機のおすすめ座席は、シートマップの座席に塗ってある色で判断できます。

色の意味さえわかれば選んでも良い席、選ぶとあまり良くない席が分かりますよ。

シートマップの色の意味
  • Good seat=おすすめのいい席
  • Be Aware – See comments=注意が必要な席
  • Bad seat=選ぶべきではない悪い席。
  • Mixed Review=良い点・悪い点がある席
  • Standard seat=普通の席
  • Blocked seat=利用できない席
  • Premium seat=プレミアムシート
  • Crew seat=CA客室乗務員用の席
  • Power port=電源
  • Emergency exit=非常口
  • Galley=ギャレー、食事の準備などCAの作業場
  • Lavatory=トイレ
  • Closet=クローゼット
  • Bassinet=乳児用ベッド

一番選びたいのが「緑色のGood seat」で、空いていたら即予約してもいいレベル。

黄色の席はあまり選ばないほうがよく、赤色は絶対に選ばないほうが良い座席です。

その他の白色に関しては、基本どの席を選んでも同じ様な席なので、先程のおすすめ座席の選び方を参考に自由に選びましょう。

まとめ:事前の座席選びで少しでも快適なフライトを

飛行機の座席

というわけで本記事では、「飛行機のおすすめ座席!快適な機内のために失敗しない座席の選び方」について解説していきました。

飛行機の座席をしっかり選べば、より快適な空の旅を楽しめます。

あなたの状況や好みに合わせ、より良い席を狙って接客的に座席指定をしていきましょう。

個人的なおすすめ座席
  • 国内線:窓側・前方席
    窓から綺麗な景色を見ることができ、すぐ飛行機から降りられるから。
  • 国際線:通路側・前方席
    長時間のフライトでもトイレに行きやすく、すぐ飛行機から降りられるから。

コメント