エポスカードは海外旅行保険が自動付帯でおすすめです【年会費無料】

海外旅行に持っていくとお得な年会費無料のクレジットカードはたくさんあります。

その中でもお得な、クレジットカードを持っているだけで海外旅行傷害保険が自動付帯する「エポスカード」を紹介していこうと思います。

» エポスカードの公式サイトを見る

 

エポスカードの海外旅行傷害保険の特徴

年会費無料で保険が自動付帯

保険でクレジットカードを選ぶときに見かけるのが、自動付帯なのか、それとも利用付帯なのか。エポスカードの場合は「自動付帯」なので大変お得です。

 

ただエポスカードカードを持っているだけで海外旅行の際の補償の対象になるということです。しかも年会費無料なので、エポスカード作っておくだけで海外旅行傷害保険に入れてるって状態。お得すぎる。

 

手厚い補償内容

肝心な補償内容ですが、以下の通りと手厚くなっています。

 

保険の種類保険金額
傷害死亡・後遺障害最高500万円
傷害治療費用200万円(1事故の限度額)
疾病治療費用270万円(1疾病の限度額)
賠償責任(免責なし)2000万円(1事故の限度額)
救援者費用100万円(1旅行・保険期間中の限度額)
携行品損害(免責3,000円)20万円(1旅行・保険期間中の限度額)

海外での必要性の高い、疾病や携行品損害を重視した補償内容となっていますね。

 

携行品損害も付帯

携行品損害が付帯しているのもお得なポイントです。

 

海外旅行中に、持ち物が盗難にあってしまった時、あるいは不慮の事故で持ち物が破損してしまった際の補償もしてくれるんです。

品物1点につき最高10万円、一回の旅行に付き合計20万円までが補償されます。持っていくほとんどの物が対象なのではないでしょうか。

※免責分の3,000円だけ自己負担が必要

 

キャッシュレス医療サービス

キャッシュレス医療サービスとは、実際に海外で診療や治療を受ける際、「その場での費用をカード会社が支払ってくれる」というものです。

 

保険のイメージって費用を建て替えて、後から戻ってくるイメージですが、キャッシュレス医療サービスを使うと、支払うお金を持っていなくても診療や治療を受けられるんです。

 

海外で医療にかかるのお金の不安も解消されます。

 

年会費無料でゴールドカードを持てるかも?

エポスカードの魅力は、年間利用額がそんなに大きくなくても通常5,000円のゴールドカードが年会費無料で持てるようになるらしい。

年間決済額が「50万円以上」だと、年会費無料のゴールドカードへアップグレードできるインビテーションが届くとか?

 

インビテーションが届きました!

届く条件や、実際に届いた決済額などを以下の記事にまとたので合わせてどうぞ。

エポスゴールドカードのインビテーションが来た条件【旅行がお得に】

 

ゴールド会員は海外傷害保険の補償額がアップ

  • 傷害死亡・後遺障害
    500万円 → 1,000万円
  • 傷害治療費用
    200万円 → 300万円
  • 疾病治療費用
    270万円 → 300万円

年会費無料のゴールドカードへアップグレードできたら最高ですね!

 

空港ラウンジへも入ることができる

「国内19空港とホノルル、仁川の空港ラウンジ」が無料で利用できるようになります。ラウンジの受付で、航空券とエポスカードゴールドを提示するだけでOK!

 

まとめ

一切お金をかけずに海外旅行保険が自動付帯する「エポスカード」はメリットだらけです。

使わなくても、発行して持っておくだけでオッケーなのもありがたいです。
※筆者はエポスカードをメインで利用しています。

 

クレジットカードの審査も通りやすく、年会費も無料なので、持っていない人はサクッと発行しておきましょう。

» エポスカードを発行する

この記事が気に入ったら
「いいね!」お願いします!

コメント