プライオリティパスで関空・大韓航空KALラウンジを使う【LCCや国内線でも利用可能です】

プライオリティパスが使えるラウンジは大阪・関西国際空港にもありまして、それが今から紹介するKALラウンジ(KAL BUSINESS CLASS LOUNGE)です。

 

KALラウンジはプライオリティパスを持っていれば、LCCでも国内線でも利用可能なラウンジなのでおすすめですよ!

KALラウンジの基本情報

空港名:関西国際空港
空港ラウンジ名:KAL Business Class Lounge
位置情報:第1ターミナルビル3階

 

営業時間

  • 7:00~14:00 / 15:30~19:15
  • 7:00~14:00 / 15:30~19:35(日曜日のみ)
14:00〜15:30は空いないのでご注意下さい。

 

KALラウンジの位置情報

 

関西国際空港の第1ターミナルビルの3階にあります。

第1ターミナルビルの3階はショップやレストランがある階なのですが、ここにKALラウンジがあります。KALラウンジは角にありますが、少しわかりにくい位置にあるので注意です。

 

「ユニクロの奥へ行く!」とだけ覚えていただければ、比較的行きやすいです。

 

KALラウンジでできること

軽食を取ることができる

おにぎり、カップ麺、各種パン、チーズ、スナック菓子などなど日によって変わりますが、軽食を取ることができます。

LCCや国内線に乗る前に軽食が取れるのはとても嬉しいです。LCCで節約した分、食費も浮きますね。

 

飲み物が飲める

ビール、ワイン、リキュール、ソフトドリンク、コーヒーなどを飲むことができます。もちろん飲み放題なので、好きなだけ飲むことができます。

LCCには機内サービスがないので、ラウンジで水分補給をしていきましょう。

 

KALラウンジ専用Wi-Fiが使える

関空にはフリーWi-Fiがありますが、利用人数が多く速度も遅めです。

しかし、KALラウンジでは専用Wi-Fiが使えるので、比較的速い速度でインターネットをすることができます。

 

充電ができる

KALラウンジにはコンセントがあるので、電子機器の充電ができます。LCCや国内線では充電できない可能性があるので、しっかり充電していきましょう。

 

新聞や雑誌が読める

KALラウンジには新聞や雑誌、TVが完備してあるので暇つぶしができます。

 

人が少ないので、ひたすらゆっくりできる

KALラウンジは荷物検査前にあるためか、あまり利用者が多くありません。ラウンジでくつろぎたい身としてはありがたく、かなりゆっくりできます。

ソファーもフカフカで居心地がいいですよ!

 

KALラウンジの利用方法

  • プライオリティパス
  • 当日の航空券

以上の2点を持って、KALラウンジに行きましょう。あとはフロントに見せるだけで入室させてくれます。

 

KALラウンジを利用する際の注意点

出国審査前しか利用出来ない

このKALラウンジはセキュリティエリア外にあるため、荷物検査前にしか利用することができません。このラウンジを出た後に、手荷物検査を行って、出国をしてと搭乗するまでにある程度の時間を要します。

ある程度余裕を持って行動しましょう。

 

24時間営業ではない

KALラウンジの営業時間でも記載しましたが、ラウンジは24時間営業ではないので注意が必要です。クローズ時間もありますので14:00〜15:30の間はご注意下さい。

 

まとめ:LCCや国内線でも関空利用時は使えるのでおすすめ

関空でプライオリティパスを利用して入場できる、KALラウンジの紹介でした。

プライオリティパスを持っていれば、LCCや国内線を利用するときも入場することが可能なので非常にありがたく、少しリッチな思いができますよ。

 

プライオリティパスは楽天プレミアムカードを所有していると、無料で手に入れることができます。国内線の利用が多い人はあまりメリットはないかも知れませんが、海外旅行をよくする人は海外でもかなり活躍してくれます。

楽天プレミアムカードのプライオリティパスで空港ラウンジが使い放題

 

プライオリティパスに関しては「プライオリティパスを解説!クレジットカード特典を利用して無料で空港ラウンジを使い倒そう!お得情報あり」に、詳しく記載しています。

プライオリティパスで空港ラウンジを使い倒す【食事やシャワー無料】

この記事が気に入ったら
「いいね!」お願いします!

コメント