【KKday】香港からマカオのフェリーを安い価格で割引予約する方法

香港から足を伸ばしてマカオまで、フェリーを使って行く人も多いのではないでしょうか?

高速フェリー「ターボジェット(噴射飛航)」や「コタイ・ウォータージェット(金光飛航)」を使えば、香港からマカオへはフェリーで1時間くらいで行けちゃいます。

上環発着は毎日24時間運行していたり、30分間隔での運行など、フレキシブルな旅行予定にもかなり便利に使えます。

 

フェリーの予約は現地でするよりも、日本国内でネット予約をしておくのが人気です。

というのも、香港でのフェリー予約は英語になりますし、場所がわかりにくく、結構ハードルが高いです。

しかも事前にチケットを購入すれば、現地で並ぶ必要もありません。

ここで紹介するKKdayを使って、高速フェリーターボジェットを事前予約し、香港からマカオまで快適な旅行をしましょう。

» KKdayで高速フェリーを予約する

香港からマカオへ高速フェリーで行く方法

香港からマカオへ行く高速フェリーは、

  • ターボジェット(噴射飛航)
  • コタイ・ウォータージェット(金光飛航)

2種類ありまして、用途によって使い分けます。

 

 

ターボジェット(噴射飛航)は、営業時間が長く、発着場の場所も多いので、香港市内からの発着に便利な高速フェリー会社です。

  • 香港市内からマカオ観光を組み込みたい
  • 香港観光の時間が空いたので市内からマカオへ行きたい
  • 香港市内から日帰りでマカオ観光をしたい

以上の方はターボジェット(噴射飛航)を利用しましょう。

 

コタイ・ウォータージェット(金光飛航)は、香港国際空港から直接高速フェリーに乗ってマカオに行くことができます。

  • 香港国際空港到着後すぐにマカオに行きたい場合
  • 香港観光後マカオに行って香港国際空港から日本に帰る場合

以上の方はコタイ・ウォータージェット(金光飛航)を利用しましょう。

 

どちらのフェリー会社でも値段や時間はほぼ変わらないので、発着場で選んでもいいでしょう。

 

ターボジェット(噴射飛航)を利用する

ターボジェットは発着場が「上環、九龍、屯門」の3つと多く、上環発着に限っては毎日24時間運行しているので、夜まで香港観光、夜中にマカオへ移動といったプランも組むことができますね。

 

事前にチケットを購入すれば現地で並ぶ必要なく、現地での販売価格よりも外国人限定のお得な価格でチケットを購入できますよ。

※発着時間など、詳細はリンク先をチェック。

 

コタイ・ウォータージェット(金光飛航)を利用する

香港国際空港に着いたらコタイ・ウォータージェット(Cotai Water Jet)ですぐにマカオ・タイパフェリーターミナルへ行くことも可能です。

 

KKdayでチケットを買えば公式ホームページで買うよりもお得なので、事前予約して、香港空港到着後すぐにマカオに向かいましょう!

※発着時間など、詳細はリンク先をチェック。

 

香港からマカオへ行く高速フェリーチケットの使い方

KKdayで予約完了後、メールにてバウチャー(QRコード)が届きます。

そのバウチャー(QRコード)を表示したスマホを、各高速フェリー乗り場にいるチケットカウンターの係員に提示するだけでチケットが渡されます。

あとはチケットを持って、乗船するだけなので、とてもスムーズに利用が可能です。

 

香港からマカオへ行く高速フェリーの注意点

香港からマカオへ行く高速フェリーの注意点を書いていきます。

 

香港からマカオへはパスポートが必要

出入国管理上は、中国本土、香港、マカオはそれぞれ別の国扱いです。

香港からマカオへ行くときも、マカオから香港へ行くときも、パスポートが必要なので、忘れないように注意しましょう。

セキュリティポーチなどで管理すると便利です。

※いずれも短期滞在なのでビザは不要です。

 

酔いやすい人は酔い止め必須

高速フェリーは多少揺れることがあるので、酔いやすい人は乗船30分前に酔い止めを飲んでおきましょう。

 

防寒着を持っていく

高速フェリーは波風が激しい場合があり、多少寒く感じるかもしれません。

体調管理のためにも、コンパクトになる防寒着を1つ持っておくと安心ですよ。

 

香港からマカオへ行くなら高速フェリーが便利【一覧】

というわけで、今回は以上です。

チケットは片道の販売なので、往復分予約しておくとスムーズですね。

KKdayを利用して、香港からマカオまで安い値段でチケットを予約し、充実した香港・マカオ旅行にしましょう。

 

▼紹介した高速フェリーチケット一覧

この記事が気に入ったら
「いいね!」お願いします!

コメント