韓国の電圧とコンセント変換プラグについて【変圧器は必要なの?】

海外旅行に行って困るのが、電源のコンセントの形が違う事ですね。

充電したかったのにコンセントの形が違って困った方もいるのではないでしょうか。

そこで今回は韓国旅行へ出発する前にチェックしておきたい、電圧とコンセント変換プラグ事情、変圧器について説明します。

韓国の電源情報

まずは、韓国の電源情報を知りましょう。

 

韓国の電源コンセントの形状は「Cタイプ」

韓国の電源コンセントの形状は「Cタイプ」です。

日本のコンセント対応の製品を使う場合には、Cタイプの変換プラグを持っていく必要がありますので気をつけましょう。

韓国の電圧は「220V」

韓国の電圧は「220V」で、周波数は60Hzです。

日本の電圧は110Vなので、コンセントを変換してもそのまま使えないケースがあります。そんな場合は、変圧器が必要になります。

 

スマホやデジカメの充電器などは海外対応している製品が多いため、基本的に変圧器は必要無いでしょう。

iPhoneやAndroid、デジカメなどはグローバルモデルなので、基本的に変圧器を持っていく必要はないです。

 

日本からドライヤーやアイロンなど、電圧の違う製品をどうしても海外で使い人だけ変圧器の購入をしましょう。

韓国旅行にコンセント変換プラグや変圧器は必要なの?

  • 変換プラグ ← 必要
  • 変圧器 ← いらない(ドライヤーなど、こだわりがある人だけ持っていきましょう)

今のスマートフォンやカメラはほとんどグローバルモデルなので、変圧器を使わなくても本体を充電することができます。

充電するためには変換プラグが必要ですが、変圧器は必要ないため変換プラグだけは必ず持っていきましょう。

 

女性はドライヤーやアイロンなどを海外旅行でも使いたい場合があると思います。そんな時は、変圧器と変換プラグを合わせて持っていくのがいいですね。

 

変換プラグは全世界9種類対応できるサンワサプライがおすすめ

1台でほぼ全世界9種類のプラグ形状に変換できるマルチ変換アダプタです。

スマートフォン、タブレット、ノートパソコンなどの電気製品を海外で使用する際の電源プラグ形状変換アダプタとして使用することができます。

 

この商品は自由自在に形を変え、世界中のコンセントに差し込むことができる超最強の変換アダプタです。海外旅行者は絶対に持っておくべきですよ!

 

韓国の電源コンセント事情まとめ

韓国の電源変換プラグと変圧器についての記事でした。

僕の場合、海外旅行では「スマートフォンとカメラとパソコンの充電」のみでしかコンセントを使う機会がないので、変換プラグだけ持っていっています。

変圧器はかさばりますし、使う機会がありませんでした。海外の電圧に対応していない製品を海外で使いたい場合は、もちろん変圧器を持っていくべきです。

 

海外旅行でスマホの充電が無いのは死活問題なので、しっかりと国内で準備していきましょう!

モバイルバッテリーなども合わせて持っていくと良いかも知れません。

この記事が気に入ったら
「いいね!」お願いします!

コメント