海外旅行に必須のエポスカードで海外旅行保険が無料

パスポートは5年と10年どっちがおすすめ?料金やメリットを比較

パスポートを作りたい人

パスポートの種類は5年と10年があるけど、どっちを作ったらいいかわかりません。どっちを作ったらいいんだろう?

海外旅行に必要なパスポートですが、20歳以上の成人がパスポートを作る場合、5年と10年のどちらかを選択する必要があります。

選択肢があるのでパスポートを申請する時、5年と10年のどちらを取得すれば良いか迷ってしまう人も多いんじゃないでしょうか。

というわけで本記事は、「パスポートは5年と10年どっちがおすすめ?料金やメリットを比較」について書いていきます。

パスポートは5年用と10年用がある

パスポートには、5年用(紺色)と10年用(朱色)があります。

 

5年用パスポートと10年用パスポートの取得費用と詳細

5年間有効10年間有効
パスポートの色紺色朱色
手数料11,000円16,000円
ページ数28ページ44ページ

5,000円払うと5年延長できて、スタンプを押せるページが増えるって感じですね。

 

5年用パスポートのメリット

  • 値段が安い
  • 1回しか海外に行く予定がない人は5,000円安くなる
  • 顔写真が5年毎にアップデートされる
  • 氏名や本籍が変わる予定がある人は再発行が必要なため、パスポート期限は短いほうが良い
    ※氏名や本籍変更は、『記載事項変更旅券』を6,000円で可能

 

10年用パスポートのメリット

  • 10年を1回払うほうが5年を2回払うよりも安い
  • パスポート発行手続きが10年に1回でいい
  • 有効期限が6か月以内に切れるパスポートは外国の入国審査で引っかかる危険がある為、期間が長いほうが有利
  • 入出国をたくさんする人は、ページが多いのでありがたい
    ※パスポートに2,500円で40ページ追加可能

 

パスポートは5年用と10年用どっちが良いの?

  • パスポート5年用
    海外旅行1回のためにパスポートを発行する人
  • パスポート10年用
    それ以外の人

女性は特に結婚をして姓が変わる事が多いので、5年用と10年用悩むところです。

とりあえずパスポートを10年用にして氏名変更があったら「記載事項変更旅券発給」が良いかと。

新婚旅行もあると思いますし、パスポートは本人確認にも使えるので便利。

 

パスポートは10年用がおすすめ!

パスポートは5年用と10年用で、5,000円の差があります。

むしろ5,000円で倍の期限パスポートが有効になるので、1年500円と考えれば安いですね。

個人的にパスポートは、10年用の発行をおすすめします!

 

» 関連:20代でパスポートの取得をして、海外旅行をおすすめする3つの理由。

20代でパスポートの取得をして、海外旅行をおすすめする3つの理由。

 

長年使うものなので、盗難防止の為にもパスポートケースも合わせて購入しておきましょう。

この記事が気に入ったら
「いいね!」お願いします!

コメント