送料無料!台湾からお土産を取り寄せできるサービス

初心者が注意すべきシンガポールの罰金ルール【ガムの持ち込み禁止】

シンガポールの罰金ルールについて知りたい人(初心者)

シンガポールではガムの持ち込み禁止などの「罰金ルール」が厳しいと聞きました。罰金をされないか少し不安です。
注意したほうがいい項目を教えてください。

今回は、シンガポール観光をする方に向けて、「初心者が注意すべきシンガポールの罰金ルール」を解説していきます。

観光中に罰金を取られて嫌な気持ちになる前に、事前に罰金ルールを確認し、安心してシンガポールを楽しみましょう。

シンガポールの罰金ルールの具体例

罰金ルールおよその罰金額
ガムの持ち込み禁止10,000ドル
MRT(電車)内での飲食や喫煙10,000ドル
ゴミのポイ捨て1,000ドル
喫煙場所以外での喫煙1,000ドル
水洗トイレで水を流さない1,000ドル
ツバや痰を吐いた場合1,000ドル
鳥へのエサやり1,000ドル
麻薬の所持や使用死刑

シンガポール旅行の時、観光者が気をつけたい罰金ルールと罰金額の具体例を、表にしてまとめてみました。

シンガポールドル→日本円
  • 10,000ドル:77万円
  • 1,000ドル:7万7千円

基本的なマナーを守って観光をしていれば罰金はされないとは思いますが、

  • ガムを持ち込む
  • MRT(電車)内での飲食や喫煙
  • ゴミのポイ捨て
  • 喫煙場所以外での喫煙
  • ツバや痰を吐く

以上のような日本でやりがちな事も、シンガポールでは罰金の対象となります。

ルールを見ていると、ゴミが出そうな行動が罰金の対象だということが分かりますね。

シンガポールで特に気をつけたい罰金ルール【いくら?】

シンガポールで、ついやってしまいがちな罰金ルールをまとめました。

知らずにシンガポールに行って罰金を取られると最高に悲しいので、事前にしっかり確認しておきましょう。

ガムの持ち込み禁止:10,000ドル

シンガポールではガムの吐き捨てを防止する背景から、ガムの販売がなく持ち込みも禁止となっています。

飛行機の中などでガムを噛む人もいると思いますが、シンガポールには持ち込みすらも禁止なので、入国前にしっかり捨てるようにしましょう。

MRT(電車)内での飲食や喫煙:10,000ドル

日本では電車内で食べたり飲んだりしても大丈夫ですが、シンガポールでは電車内の飲食は罰金となりますので注意してください。

私は知らずに電車内で水を飲んでしまったことがあります。
その時は、親切な現地の方が「ダメだよ」と注意してくれました。

ゴミのポイ捨て:1,000ドル

ゴミのポイ捨てに関しては、シンガポールの有名な観光地付近は取締が強化されていて、街がとてもきれいに保たれています。

常識的ですが、ゴミのポイ捨て早めましょう。

喫煙場所以外での喫煙:1,000ドル

シンガポールではタバコの吸い殻のポイ捨てを防止する背景から、喫煙場所以外での喫煙は禁止されています。

喫煙される人は喫煙場所を守り、吸い殻をしっかり捨てるよう注意してください。

ツバや痰を吐いた場合:1,000ドル

シンガポールでは、美化の観点からつばや痰を吐くのも禁止されています。

クセになっている人は注意が必要です。

鳥へのエサやり:1,000ドル

シンガポールでは鳥へのエサやりが禁止されています。

フンの増加など美化の観点からの禁止みたいです。鳥は可愛くてエサをあげたくなりますが、注意しましょう。

公共交通機関やホテルへのドリアン持ち込み:罰金なし

シンガポールに行ったらフルーツの大様「ドリアン」を食べてみたい人も多いのでは?

もちろん食べるのもOKですし、買うのもOKなのですが、公共交通機関やホテルへのドリアン持ち込みは禁止されています。

とにかくドリアンは香りが強く、室内に持っていくとニオイが充満してしまうため、購入した際は外で食べるようにしましょう。

なぜか罰金はありませんが、心遣いは大切ですね。

シンガポールの罰金ルールの多さ

シンガポールは特に罰金や禁止ルールが多い国で有名です。

この背景には、多民族国家で様々な民族を統治するためにルールを多く設定する必要があったみたいですね。

罰金ルールが多いですが、マナーを守っていれば基本的に注意はされません。

シンガポールの綺麗な街並みを守るために、観光客の日本人として環境美化に協力していきましょう!

シンガポール旅行の際は割引クーポンを利用して、お得な料金で観光スポットをまわりましょう。

以下の記事でまとめているので、シンガポール旅行の前にチェックしてください。

コメント