スカイチケット(Skyticket)の事務手数料を無料にする方法

スカイチケットの事務手数料を 無料にする方法

スカイチケット(skyticket)公式サイト

※航空券を横断検索して最安値で予約できます。
※国内航空券が直前でも安い。

格安航空券を購入できる「スカイチケット(skyticket)」で航空券を購入すると、事務手数料がかかります。

スカイチケットを使って、せっかく航空券を格安で予約できたのに、事務手数料がかかってしまうなんてもったいないですよね。

しかし、スカイチケットでは事務手数料がかからないお得な予約方法があって、手数料を無料にすることができます。

今回は、スカイチケットの事務手数料を無料にする方法と、支払い方法別の手数料を解説していきます。

» 今すぐスカイチケットで航空券を予約する

スカイチケット(Skyticket)の事務手数料を無料にする方法

いきなり結論ですが、スカイチケットの事務手数料を無料にする方法は、「銀行振込」で支払いをした場合のみです。

 

スカイチケットで航空券を予約し、支払い方法で銀行振込を選択し、後は指定された口座に金額を振り込むだけです。

スカイチケットの振込先口座には、三菱UFJ銀行、ゆうちょ銀行が用意されています。
※ゆうちょ銀行でのお振込みは、国内航空券の購入のみ対応しています。

 

通常スカイチケットに振込するときには手数料が数百円かかりますが、ここで紹介する方法を使えば、振込手数料(スカイチケットの事務手数料)を無料にすることができます。

 

スカイチケット(Skyticket)の事務手数料はインターネットバンキングを使うと無料になります

スカイチケットの振込先口座である「三菱UFJ銀行やゆうちょ銀行」のインターネットバンキング(三菱UFJダイレクト、ゆうちょダイレクト)を利用すれば、同銀行間のため振込手数料が無料になります。

 

また、他銀行宛でも振込手数料が無料になる

  • 住信SBIネット銀行
  • 新生銀行
  • GMOあおぞらネット銀行

などのネット銀行使って料金を振り込むことにより、手数料が無料になります。

 

ここらへんの銀行口座は、ハピタスを経由することにより、ポイントを貯めて現金化することができますよ。

ハピタスに登録して、銀行を検索し、検索結果から口座を作成することで、簡単にポイントをゲットできます。

» ハピタスに無料で登録する
※ポイントが無料で貯まります

 

\無料で試してみる/
その買うを、もっとハッピーに。|ハピタス

 

スカイチケット(Skyticket)の事務手数料比較

航空券を予約した後の支払い方法は、

  • 銀行振込
  • クレジット払い
  • コンビニ決済
  • Pay-easy / ネットバンク決済
  • Amazon Pay

以上の5つで、手数料が以下のとおりです。

 

支払い方法手数料
銀行振込0円
クレジット払い1,080円
コンビニ決済1,080円
Pay-easy / ネットバンク決済1,080円
Amazon Pay1,080円

スカイチケットはクレジットカードやコンビニ払いもできるのですが、事務手数料(1,080円)が掛かってしまいます。

スカイチケットの事務手数料を無料にしたい場合は、「銀行振込」で支払いをしましょう!

» 参考:お支払い方法 – 国内航空券|Skyticket.jp

 

というわけで、今回は以上です。

スカイチケットで事務手数料を無料にし、格安航空券をもっとお得に予約しましょう。

スカイチケット(skyticket)で格安航空券を予約する

※航空券を横断検索して最安値で予約できます。
※国内航空券が直前でも安い。

 

スカイチケットに関しては国内線の航空券予約はスカイチケットが安い【メリットとデメリット】で詳しく解説しています。

国内線の航空券予約はスカイチケットが安い【メリットとデメリット】

この記事が気に入ったら
「いいね!」お願いします!

コメント