【台湾土産】のど飴は京都念慈菴(NIN JIOM)がおすすめ

台湾のお土産で最近人気が出てきている「京都念慈菴(NIN JIOM)」について紹介します。

京都念慈菴(NIN JIOM)は台湾でかなり有名なのど飴で、「のどが痛くなったらこれをなめる」という認識があるみたい。

のどが痛くなったときにこの飴をなめると、漢方の力で喉の痛みがスッキリします。

ホテルに宿泊すると、クーラーなどで喉が痛くなることが多いですが、そういう現地での喉の痛みにもぴったり。

もちろんお土産としても優秀でして、のど飴が個別包装になっているので、ばらまき用としても人気がありますよ。

京都念慈菴 NIN JIOM(ニンジョム)

NIN JIOM(ニンジョム)は香港の「京都念慈菴」という会社が販売するのど飴。

台湾では、日本で言うところの「龍角散」みたいな認知度があります。

天然ハーブなどの漢方を使用した咳止めのど飴や、シロップが有名でして、台湾人にとても馴染みがあるのど飴です。

のどが痛いときにニンジョムをなめると、痛みがだんだん引いていくのがわかり、スッキリとしますよ。

 

 

缶に入ったタイプは個包装されており、ばらまき用土産としても最適です。

たくさん入っていて美味しいので、ついつい食べてしまいます。

 

京都念慈菴 NIN JIOM(ニンジョム)でおすすめフレーバー

京都念慈菴のど飴は種類がたくさんありまして、味で悩む方も思います。

私は断然「原味(オリジナル味)」がおすすめ。

 

オリジナル味は、ビワの葉・スイカズラ・キキョウ・ミントなど、のどに良いとされるビワの葉を中心に、厳選の漢方を配合して作られています。

薬っぽい苦味はないですが、よく効きそうな薬っぽい味ですね。

 

 

実際になめてみると、ミントのすーっとした爽快感の中に、杏仁豆腐のほんのりした甘さが感じることができます。

とても美味しい!

しかものどが潤ったためか、痛かったのどが痛くなくなり、咳も全く出なくなりました。

美味しくて効果もあるのど飴ですよ。

 

京都念慈菴 NIN JIOM(ニンジョム)は台湾のどこで購入できる?

ニンジョムのど飴は、スーパー、コンビニ、ドラックストアなど、いろいろな場所で購入することができます。

それほど台湾人になじみのあるのど飴ということでしょう。

台湾に訪れた際はすぐに見つけることができるので、お土産としての買いやすさも最高ですね。

私が購入したときは値段が95台湾ドルでして、日本円で350円程度で購入することができるので、コスパがかなり高めです!

 

というわけで、今回は以上です。

台湾に訪れた際は、京都念慈菴 NIN JIOM(ニンジョム)をお土産として購入して持ち帰りましょう。

この記事が気に入ったら
「いいね!」お願いします!

コメント