海外旅行に必須のエポスカードで海外旅行保険が無料

台湾旅行のSIMカードは「中華電信」がおすすめ【桃園・松山・高雄】

【KKday】台湾旅行のプリペイドSIMは「中華電信」がおすすめ

中華電信プリペイドSIMカード

※スマホから簡単に予約可能。

台湾旅行のインターネット通信ってどうされてますか?

日本でモバイルWi−Fiをレンタルして台湾に持っていく人が多いかもしれませんが、SIMフリーのスマートフォンを持っているのであれば、プリペイドSIMカードを購入する方法がおすすめです。

SIMカードの購入はしたこと無いし、難しいんじゃないの?と思われるかもしれませんが、実はとても簡単で快適なんです!

台湾旅行で大活躍間違い無しなので、台湾旅行の際はプリペイドSIMカードを利用してネット通信を快適にしましょう。

というわけで本記事は「台湾旅行のSIMカードは「中華電信」がおすすめ【桃園・松山・高雄】」という内容で、プリペイドSIMカードについて詳しく書いていきます。

»【KKday】中華電信 4GプリペイドSIMカード:ネット使い放題(各空港受取)

中華電信4GプリペイドSIMカード(Chunghwa Telecom)

KKday 中華電信4GプリペイドSIMカード

中華電信4GプリペイドSIMカードは数ある中で、台湾旅行者に1番選ばれているプリペイドSIMカードです。

4Gネット接続が無制限で、通話機能、SMS機能も付いているフルスペックSIMカード。

旅行日数に合わせてプランを選ぶだけなので、予約も非常に簡単です。

»【KKday】中華電信 4GプリペイドSIMカード:ネット使い放題(各空港受取)

 

中華電信プリペイドSIMカードを使う時の注意点

KKday 中華電信4GプリペイドSIMカード

中華電信プリペイドSIMカードを使う時の注意点をまとめました。

 

SIMロック解除済みのスマートフォンが必要

プリペイドSIMカードを利用するには、SIMロック解除済みのスマートフォンが必要になります。

ソフトバンク、NTTドコモ、auなどの通信キャリア利用している場合は、国外で使用できるようにするため、事前にSIMロックを解除しておく必要があります。

格安SIM会社から購入したスマートフォンや、アップルから直接購入したiPhoneはSIMロック解除済みなので心配ありません。

 

台湾旅行中は日本の電話番号で電話ができない

台湾のプリペイドSIMカードと日本のSIMカードを入れ替えるため、台湾旅行中は日本の電話番号で電話ができなくなります。

とはいえ海外で日本の電話番号を利用して電話をするとめちゃくちゃ高いですし、今はLINE電話も無料できるのであまり心配はいらないかと思います。

※LINE電話はSIMカードを買えても同じアカウントで無料通話できます。

 

中華電信プリペイドSIMカードのおすすめメリット

中華電信プリペイドSIMカードのおすすめメリットをまとめました。

 

常にネット接続がされた環境が手に入る

プリペイドSIMを使うと日本にいるときと同じように、いつでもネット接続がされた環境が手に入ります。

レンタルWi-Fiだとペアリングをしてもたまにネット接続が切れていたりしますが、その心配もなく、とても快適です。

 

レンタルWi-Fiみたいに返却の必要なし

プリペイドSIMは、SIMカードの返却の必要がありません。

レンタルWi-Fiをすると帰国日の空港にて返却の必要があり、少し手間がかかります。

もし返却を忘れ家に持ち帰ってしまうと、追加料金がかかってしまうので、返却の必要がないのは快適ですね。

 

台湾の電話番号を入手できる

KKday 中華電信4GプリペイドSIMカード

プリペイドSIMを利用することで、台湾で有効な電話番号を手に入れることができます。

台湾の電話番号があると、台湾国内で電話ができるのはもちろん、台湾独自のサービスに会員登録をして使うことができますよ。

有名サービスで言うと、レンタルサイクルサービスである「YouBike、T-Bike」や、タクシー配車サービス「台湾大車隊 55688」を利用することができます。

 

持ち物が増えない

プリペイドSIMカードを購入すると、今持っているスマートフォン1台のみでインターネット通信ができるようになります。

レンタルWi−Fiでインターネット通信をする場合は、レンタルWi-Fiとスマートフォンの2台必要になります。

2台の充電を気にする必要も無くなるので、SIMカードは持ち物が1つ減って便利です。

 

中華電信はテザリングもできる

SIMカードを入れたスマートフォンから電波を出して、家族や友人などのスマートフォンもインターネット接続できるようになる「テザリング」が利用できます。

台湾旅行中はあまりネットはしないけど、食事中やタクシー移動の時はネット通信をしたい家族や友人と一緒に旅行をするときには便利です。

テザリングを使うと、SIMカード1枚の値段で他の人もインターネット接続が可能になります。

 

台湾の全空港で受取可能

KKday 中華電信4GプリペイドSIMカード

空港キャリア
中華電信台湾大哥大遠傳電信
桃園国際空港・第1
桃園国際空港・第2
台北松山空港
台中国際空港
台南空港
高雄国際空港 〇

台湾の空港で受け取れる、台湾3台キャリアのプリペイドSIMカードをまとめました。

中華電信のみ台湾の全空港で受け取りが可能です。

桃園国際空港・第1ターミナルは24時間営業なので、1日中SIMカードの受け取りが可能です。

台湾旅行は桃園国際空港に到着する人が多いと思うので、いつでも受取可能なのはとても便利ですね。

 

難しい初期設定は店の人が全てやってくれる

SIMカードを現地で購入したことがない人だと、SIMカードを利用してネットをするのはハードルが高いと思っていませんか?

そんなことはなくて、とても簡単です。

というのも中華電信は、プリペイドSIMカードを購入したときに、空港のその場でSIMの入れ替えや設定をお店の人がやってくれます。

スマホを預けると、2分くらいで台湾で使えるようにして渡してくれるので、初めてでも安心です。

»【KKday】中華電信 4GプリペイドSIMカード:ネット使い放題(各空港受取)

 

KKdayで予約できる!中華電信プリペイドSIMカード

KKday 中華電信4GプリペイドSIMカード

KKday(台湾の旅行会社)から、中華電信プリペイドSIMカードが割引料金でお安く予約できます。

スマホから簡単に予約ができ、事前予約しておくと空港で迷わずスムーズなのでとても楽ですよ。

中華電信プリペイドSIMカード

※スマホから簡単に予約可能。

 

プリペイドSIMカードの種類【使用日数】

KKday 中華電信4GプリペイドSIMカード

  • 使用日数:3日間 / 5日間 / 7日間 / 10日間 / 15日間

プリペイドSIMカードはすべて4G通信が使い放題で、使用日数と通話料で値段が分かれています。

 

プリペイドSIMカードの規格

  • SIMカード規格:Standard / Nano / Micro

プリペイドSIMカードの規格は、以上3種類に対応しています。

 

プリペイドSIMカードの料金

KKday 中華電信4GプリペイドSIMカード

プリペイドSIMカードの料金は以上のとおりで、滞在日数によってプランを決めましょう。

詳しい料金に関しては、KKdayのサイトでチェックしてください。

»【KKday】中華電信 4GプリペイドSIMカード:ネット使い放題(各空港受取)

 

プリペイドSIMカードの受け取り方法

KKday 中華電信4GプリペイドSIMカード

20歳以上に限り受取可能で、受け取りの際はメールで送られてくる予約表と、2種類の証明書類が必要となっています

  • パスポート+搭乗券(ボーディングパス)
  • パスポート+パスポートの入国スタンプページ
  • パスポート+自国の運転免許証
  • パスポート+ビザ
  • パスポート+APECビジネストラベルカード

メールで送られてくる予約表とパスポートと搭乗券を見せればOKですね。

 

プリペイドSIMカードの受け取り場所一覧

・桃園国際空港 第1ターミナル到着ロビー
– 受け取り時間:07:00 – 23:59
– 場所:中華電信直営サービスセンター(中華電信直營服務中心)
・桃園国際空港 第2ターミナル到着ロビー
– 受け取り時間:07:00 – 22:00
– 場所:中華電信直営サービスセンター(中華電信直營服務中心)
・桃園国際空港 第2ターミナル出発ロビー
– 営業時間:07:00 – 19:00
– 場所:中華電信直営サービスセンター(中華電信直營服務中心)
・台北松山空港
– 営業時間:07:00 – 23:00
– 場所:1階出発ロビー・中華電信直営サービスセンター(中華電信直營服務中心)
・台中空港
– 営業時間:10:00 – 22:00
– 場所:1階出発ロビー・中華電信直営サービスセンター(中華電信直營服務中心)
・高雄国際空港
– 営業時間:08:00 – 20:00
– 場所:1階到着ロビー・中華電信直営サービスセンター(中華電信直營服務中心)

プリペイドSIMカードの受け取り場所一覧です。

KKdayのサイトに、プリペイドSIMカードの受け取り場所が写真付きで解説されているので、参考にしてください。

»【KKday】中華電信 4GプリペイドSIMカード:ネット使い放題(各空港受取)

 

KKdayで予約した、中華電信プリペイドSIMカードを実際に使ってみて

KKday 中華電信4GプリペイドSIMカード

今回は2泊3日の旅行だったので、「5日プラン:中華電信 4GプリペイドSIMカード」を予約しました。

桃園国際空港に到着して指定の場所に行き、バウチャーと必要書類を提出。

するとすぐに定員さんから「スマートフォンを貸してくれ」と言われ、渡すと2分くらいでつながる設定になって戻ってきました。

とても慣れている様子で、簡単にインターネット接続ができましたよ。

 

KKday 中華電信4GプリペイドSIMカード

日本で利用しているSIMカードは、パッケージの裏側にテープで貼り付けて渡してくれるので、無くさないようにしましょう。

パッケージの裏の青色で囲われた番号は、台湾で利用できる電話番号です。

電話としての機能はあまり使わないかもしれないですが、レンタルサイクルなどのSMS認証で利用する場合があるかもしれないので、写真をとっておくと便利ですよ。

 

実際に中華電信プリペイドSIMカードで4G通信をした感想は、日本とほとんど同じ速度で通信ができ、非常に快適です!

個人的に一番のメリットは、ホテルからちょっとした外出をするときも、レンタルWi-Fiを持ち運ぶこと無く常にネットにつながった状態でいれること。

スマホを持っているだけでネットにつながった状態でいれるのは、かなり快適ですよ。

»【KKday】中華電信 4GプリペイドSIMカード:ネット使い放題(各空港受取)

 

台湾旅行のSIMカードは「中華電信」がおすすめ【桃園・松山・高雄】まとめ

というわけで本記事は、「台湾旅行のSIMカードは「中華電信」がおすすめ【桃園・松山・高雄】」について書いてきました。

台湾のSIMカードは一度使うと、もう戻れなくなるくらいに非常に快適。

台湾旅行で快適なネット通信があれば、現地ですぐに美味しいお店や観光スポットを調べることができ、すごく便利です。

通信量制限も速度制限もない使い放題のSIMカードがあれば、台湾旅行が更に素敵なものになること間違いなしですよ!

というわけで、今回は以上です。

台湾旅行の前にKKdayを利用して、中華電信プリペイドSIMカードを割引価格で用意しておきましょう。

中華電信プリペイドSIMカード

※スマホから簡単に予約可能。

この記事が気に入ったら
「いいね!」お願いします!

桃園
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
\シェアする/
20代の個人旅行

コメント