【Evershop】海外用コンセント4種類とUSB充電搭載の変換プラグ

海外旅行に欠かせないのが、海外のコンセントを日本用に変える変換プラグ。

変換プラグを忘れて行ってしまうと、日本の電化製品が使えなかったり、スマホの充電ができなかったりと死活問題に。

なので海外旅行の際には、海外のコンセントを日本用に変える変換プラグを必ず持参しましょう。

 

それに加えて、今はiPhoneやタブレットなど、USBポートから充電する製品がほとんどなので、USBポートが付いているものだとなおさら良しです。

そこで、今回紹介するのが「Evershop」という製品。

Evershopは、4種類の海外用コンセントを搭載し、200ヶ国以上に対応しています。

また、手のひらサイズのボディーの中には、4つのUSB-Aと1つのUSB-Cを搭載しており、まさに今の時代の万能プラグです。

というわけで今回は、「【Evershop】海外用コンセント4種類とUSB充電搭載の変換プラグ」について記載しています。

Evershopの外観と付属品

Evershopは、AC電源出力と5つのUSBポート出力を備えた変換プラグです。

入力出力ともに、世界4種類のプラグに対応しているマルチプラグです。

 

 

側面には、変換プラグを世界各国に対応させるためのレバーが付いています。

このレバーをスライドすることによって、様々な国のプラグに対応できるというわけですね。

 

 

差込口はこんな感じで今は平らですが、レバーをスライドさせると、ここからプラグが出てきます。

 

 

付属品は変換プラグ本体と、持ち運び用のケースです。

 

 

ケースもかなりしっかりしたものでして、海外移動でもへこたれそうにない安心感があります。

Evershopの変換プラグの利点は、ケースに入れた状態でもわかる、本体の小ささ。

73×54×53mmとかなりコンパクトで、重量も145gとかなり小さめです。

海外旅行では荷物が重くなりがちですが、Evershopの変換プラグは小型なので、海外旅行にもぴったりですね。

 

Evershopは4種類のプラグと200ヶ国対応

Evershopは、US・UK・EUR・AUSタイプ、「アメリカ、ヨーロッパ、日本、オーストラリア、イタリア、イギリス、フランス、アルゼンチン、アイルランド、イスラエル、香港」などに対応した4種類のプラグを搭載しています。

対応国はなんと、200ヶ国以上!

 

 

側面にあるボタンを押しながら、

 

 

各コンセントタイプのレバーを押すことで、それぞれのプラグが出でてくる仕組みです。

 

 

EUタイプのコンセント。

 

 

UKタイプのコンセント。

 

 

US・AUSタイプのコンセント。

指でコンセントに角度をつけることで、対応の幅が広がります。

 

注意点としては、変圧機能が付いていないこと。

海外のコンセントは日本の電圧とは異なり、日本の100Vに対し、多くの国は220V〜240Vです。

iPhoneやAndroidなどのスマートフォン、カメラの充電などは電圧変換無しに使用可能ですが、ドライヤーやヘアアロインなどは変圧器が必要であるため、注意が必要です。

もしも海外で変圧が必要な電化製品を使いたい場合は、ここらへんの変圧器を一緒に持っていきましょう。

 

EvershopはUSB-AとUSB-Cを搭載【iPhoneとMacBook同時充電可】

Evershopは、4つのUSB-Aと1つのUSB-Cを搭載しています。

USBタイプCを搭載してい変換プラグは珍しく、使い勝手もかなり良いです。

これを1つ持っていくだけで、iPhoneとMacBookを同時充電できるので、とても便利ですよ。

 

4USB出力ポートは合計5.6Aで、- 1つのUSBポート:2.4A(最大)- 1つのtypeCポート:3A(最大)以上の出力に対応しています。

最高で5台までの充電が可能で、5つの端末を充電できないこともないですが、本体が少しだけ熱を持ったり、充電に時間がかかったりします。

なので、出力容量のことを考えると、2〜3つの端末までにとどめておくことがおすすめです。

 

Evershopレビューまとめ

というわけで今回は、「【Evershop】海外用コンセント4種類とUSB充電搭載の変換プラグ」という記事でした。

Evershopは、世界200ヶ国以上に対応するコンパクトな変換プラグです。

これ1つを持っていくだけで、様々なデバイスが充電可能で、海外旅行の強い味方となること間違いなし。

日本の普段使用にも便利な製品なので、海外旅行や海外出張がたくさんある人は、とりあえず1台持っておくことをおすすめします。

この記事が気に入ったら
「いいね!」お願いします!

コメント