MENU
プロフィール背景画像
かっくん
当サイト管理人「かっくん」と言います。
国内海外問わず、旅行が大好きです。
「旅行プランを自由に決め、個人旅行をできる力を身につける」をコンセプトに当ブログを運営中。

エポスプラチナカードの旅行に嬉しい特典とは?プライオリティパスでラウンジを利用【海外旅行保険】

エポスカードを利用していると、ゴールドカードのインビテーションが来て無事ゴールドカードにアップデートすることができました。

調べていると、エポスカードにはプラチナカードなるものが存在しているらしい。

このエポスプラチナカードは、旅行にお得な特典がかなり付帯しているみたいなので、発行方法から年会費、旅行にお得な特典までまとめてみました。

» エポスカードの詳細を公式サイトで見る

目次

エポスプラチナカードの発行方法と年会費

  1. エポスプラチナカードを申し込む
  2. エポスカードを利用してインビテーションを待つ

エポスプラチナカードは、20,000円(税込)と30,000円(税込)の2つの発行方法があります。

①エポスプラチナカードを申し込む場合

エポスプラチナカード

エポスプラチナカードをそのまま申し込むと、年会費は30,000円(税込)です。

年間に100万円以上エポスプラチナカードで決済すると、翌年以降はずっと年会費が20,000円(税込)となります。

②エポスカードを利用してインビテーションを待つ場合

インビテーションが届いてから申込んだ場合は、年会費がずっと20,000円(税込)です。

年間に100万円以上決済する人は、自分で申し込んでもインビテーションを待ってもどちらも同じ年会費になりますね。

まずはエポスカードからゴールドカードにしましょう。詳しくはエポスゴールドカードのインビテーションが来た条件とは?【旅行にお得な特典を合わせて紹介】に記載しています。

あわせて読みたい
エポスゴールドカードのインビテーションが来た条件【旅行がお得に】
エポスゴールドカードのインビテーションが来た条件【旅行がお得に】エポスゴールドカードは通常年会費5,000円ですが、招待を受けてエポスゴールドカードを発行すればなんと年会費が永久無料になるんです!今回はそんなエポスカードから、...

ポイント還元率は最大2.5%!実質無料でプラチナカードが持てる!

エポスプラチナカードは、他のエポスカードと同様に200円毎に1ポイント付与の0.5%還元となっています。

これだけでは還元率が低いと思いますが通常ポイント以外にも、年間利用額に対して付与されるボーナスポイントがあります。

年間利用金額ボーナスポイント
100万円20,000ポイント
200万円30,000ポイント
300万円40,000ポイント
500万円50,000ポイント
700万円60,000ポイント
900万円70,000ポイント
1,100万円80,000ポイント
1,300万円90,000ポイント
1,500万円100,000ポイント

年間100万円利用の場合には通常ポイントとボーナスポイントの合計「25,000ポイント」を獲得することができます。その時の還元率は2.5%とかなり高くなります。

年間100万円決済すると
通常5,000ポイント+20,000ボーナスポイント=合計25,000ポイント

インビテーションを待ってエポスプラチナカードを発行した場合の年会費は20,000円(税込)なので、年会費よりも貰えるポイントのほうが多くなります。

これらの理由から、実質年会費無料でエポスプラチナカードを持つことができるんです!

エポスプラチナカードの旅行に便利な特典

  • プライオリティパスが無料
  • 空港ラウンジ利用が無料(同伴者1名様も無料です)
  • 海外旅行傷害保険自動付帯
  • Visaプラチナカード会員優待

エポスプラチナカードを持つと、旅行に便利な特典をたくさん受けることができます。それぞれ詳しく見ていきましょう!

プライオリティパスが無料(プレステージ会員)

エポスプラチナカードでは、年会費無料でプライオリティパスのプレステージ会員になることができます。

プレステージ会員になると、世界100か国、1200か所以上の空港ラウンジが何度でも無料で利用できます。

その他のプライオリティパスの情報に関してはプライオリティパスを解説!クレジットカード特典を利用して無料で空港ラウンジを使い倒そう!お得情報ありに詳しく記載しているので、合わせてどうぞ。

あわせて読みたい
プライオリティパスで空港ラウンジを使い倒す【食事やシャワー無料】
プライオリティパスで空港ラウンジを使い倒す【食事やシャワー無料】僕が海外旅行をするときに必ず持っていく「プライオリティパス」の解説と、プライオリティパスを使い倒す方法をシェアしていきたいと思います。【プライオリティパスと...

プライオリティパスを申し込むときは、必ずエポスプラチナカードのエポスNet経由で申込みをしましょう。他から行くと、年会費が無料にならないので注意です。

空港ラウンジ利用が無料(同伴者1名様も無料です)

国内19カ所、海外3か所の空港ラウンジが本人とゲスト1名まで無料で利用できます。

カード会員のみラウンジ利用が無料というカードが多い中、エポスプラチナカードは本人のみならずゲスト1名まで無料で利用できるのはありがたい。

1人で入ってもいいし、友達や恋人などをラウンジに連れて行くこともできるのが嬉しいですね。快適なラウンジ空間を共有しちゃいましょう!

海外旅行傷害保険自動付帯

エポスプラチナカードは海外旅行保険が付帯します。しかも、持っているだけで補償を受けることができる自動付帯です。

エポスゴールドカードでは、海外旅行保険の対象は本人のみでしたが、エポスプラチナカードでは家族まで補償の対象になります。

※会員本人と「生計を共にする6親等以内の血族」「配偶や3親等以内の姻族」の家族が補償の対象となっています。

本人家族
傷害死亡・後遺障害最高1億円最高2,000万円
傷害治療費用1事故あたり
300万円
1事故あたり
200万円
疾病治療費用1疾病あたり
300万円
1事故あたり
200万円
賠償責任(免責なし)1事故あたり
1億円
1事故あたり
1億円
携行品損害(免責3,000円)100万円100万円
救援者費用200万円(限度額)200万円(限度額)
航空機遅延費用等補償特約2万円
(1回あたりの限度額)
2万円
(1回あたりの限度額)
航空機寄託手荷物遅延等費用補償特約10万円
(1回あたりの限度額)
10万円
(1回あたりの限度額)

海外旅行保険で一番使いそうな傷害治療費用は、1事故あたり300万円と問題ない補償額となっています。傷害死亡・後遺障害は驚きの1億円。

エポスプラチナカードを持っていると、海外旅行保険を別に契約する必要はあまりなさそうですね。

Visaプラチナカード会員優待

エポスプラチナカードは、VISAワールドワイドが提供するVISAプラチナカードの優待特典を受けることができます。

  • VISAプラチナトラベル
    JTB取扱いのパッケージツアーや航空券を5%割引
  • VISAプラチナゴルフ
    国内・海外の提携ゴルフ場のプレー代金が4,000円値引きになる。
  • VISAプラチナ空港宅配
    国際線利用時に、自宅と空港間の荷物宅配を優待価格で。
    2個まで500円、3個目から低下の15%値引き

» VISAプラチナカードのページで詳細を見る

エポスプラチナカードは海外旅行に持っておきたいクレジットカード

この記事では、エポスプラチナカードの発行方法から年会費、旅行にお得な特典まで詳しくまとめました!

これだけお得なのに、年間100万円決済すると実質年会費が無料とプラチナカードとしては最強の位置に君臨しています。

エポスカードから実績を積んで、実質無料の年会費でエポスプラチナカードを持ちましょう。

エポスカードについては海外旅行にはエポスカード!年会費無料で海外旅行保険が自動付帯しているクレジットカードで詳しく紹介しています。

あわせて読みたい
エポスカード|海外旅行でのメリット・デメリットを解説【年会費無料で保険自動付帯】
エポスカード|海外旅行でのメリット・デメリットを解説【年会費無料で保険自動付帯】海外旅行に持っていくとお得な年会費無料のクレジットカードはたくさんありますが、その中でも最上級にお得な「エポスカード」を紹介していきます。エポスカードは年会...

この記事が気に入ったら
いいね または フォローしてね!

よかったらシェアしてね
URLをコピーする
URLをコピーしました!
目次
閉じる