送料無料!台湾からお土産を取り寄せできるサービス

海外旅行で余った外貨はどうする?残った外貨の有効的な使い方

海外旅行で余った外貨はどうする?残った外貨の有効的な使い方

海外旅行で余った外貨はどうしていますか?

海外旅行中にピッタリ使い切ることができれば問題ありませんが、多少なりとも外貨って残ってしまいます。

しかし慣れない外貨は、支払うときに大きな紙幣ばっかり使ってしまって、

気がついたら手元に小銭コインがいっぱいたまっている…

なんて事もよくありますよね。

結局、紙幣もコインも持ち帰って「使い道が見つからず、ずっと置いたままになっている」ことが多いのではないでしょうか?

そこで今回は、海外旅行で余った外貨の有効的な使い方を解説していきます。

この記事を読めば、自宅にある余った外貨の使い道や、外貨を余らせないためにできる工夫が分かりますよ。

かっくん
かっくん

外貨と言えども価値のあるお金なので、有効的に使っていきましょう!

海外旅行で余った外貨はどうする?有効的な使い方

海外旅行で余った外貨の、有効的な使い方を紹介していきます。

次の旅行までファイリングして保管

外貨を次の旅行までファイリングして保管

その国にもう一度行く予定がある、また行きたいなと思っている場合は、余った外貨を両替せずにそのまま保管しておきましょう。

外貨の両替には手数料がかかるので、そのまま保管しておくのが一番オトクになります。

外貨を国ごとにファイリングして保管

外貨の種類ごとにジップロックに入れて通貨名を書き、ファイリングして保管しておくと、見やすくて把握がしやすいです。

その国の交通カードやポイントカードがある場合は、外貨と一緒に入れておくと、次の旅行へ持っていくとき更に便利になりますよ。

日本円に両替する

日本円に両替する

その国にもう行く予定がない、行くとしても数年後だなって方は、空港や銀行で外貨を日本円に両替しましょう。

ただし両替手数料が必要なのと、基本的に紙幣のみの交換になるので、注意してください。

両替手数料に関しては、

  • 米ドル・ユーロ:日本で両替するほうがお得
  • その他の通貨:現地で両替するほうがお得

といった感じ。

また、空港は両替手数料が高めなので、できるだけ街にある銀行などで日本円に両替するのが良いですよ。

ポケットチェンジで電子マネーに変える

ポケットチェンジ

空港や街にも急激に増えている、「ポケットチェンジ」という機械を使うと、外貨を電子マネーに変えることができます。

対応外貨は、

  • 紙幣&コイン
    米ドル 中国元 日本円 ユーロ 韓国ウォン
  • 紙幣のみ
    香港ドル 台湾ドル ベトナムドン タイバーツ シンガポールドル

以上の10種類。

紙幣のみならず外貨コインも電子マネーに変えることができるので、漏れなく両替が可能ですよ。

ポケットチェンジで交換できる電子マネーの種類

交換先の電子マネーも幅広く、

  • 交通系電子マネー(suica、PASMOなど)
  • 楽天Edy
  • ギフトカード(App Store & iTunes、Amazon)
  • WAON
  • nanaco

以上の通りで、使いやすいものばかりです。

ポケットチェンジはすごく便利なので、これからも順次拡大していって欲しいですね。

» ポケットチェンジ公式ページ

外貨で支払える日本のお店で使う

外貨を持ち帰ってきてたくさん手元にある場合は、

  • ドン・キホーテ
  • ヨドバシカメラ

と言った、外貨で支払える日本のお店で使うのもアリです。

それぞれに使用できる通貨やルールがありますので、簡単にまとめてみました。

ドン・キホーテで外貨を使う

ドン・キホーテでは、

米ドル 人民元 ユーロ タイバーツ 韓国ウォン 香港ドル 台湾ドル

以上、7つの外貨紙幣を使ってお買い物ができます。

外貨コインは利用できませんが、おつりを日本円でもらうことができるので、無駄が無くて便利ですよ。

ヨドバシカメラで外貨を使う

ヨドバシカメラでは、米ドルを使って支払うことができます。

こちらも紙幣のみ利用でき、コインは利用できませんが、おつりを日本円でもらうことができます。

100ドル札で電池などの安めの商品を買えば、おつりを日本円でたくさんもらえるので、両替がめんどくさい場合も嬉しいですね。

また、大きい買い物の時は米ドルとクレジットカードの併用もできるので、外貨を買い物の足しにすることもできますよ。

ユニセフに募金する

ユニセフに募金する

余った外貨を、ユニセフに募金することができます。

現在流通しているものであれば、世界中のどの国のお金でも寄付することができますよ。

自宅に外貨コインがたくさん余ってるけど、

両替もめんどくさいし、捨てられないし、どうしよう。

なんて方は、募金をすることで人の役にも立てますし、片付けもできるので一石二鳥です。

募金の仕方は郵送が簡単で、封筒などに外貨を全て詰め、下記の郵送先に元払いで郵送しましょう。

【郵送先】

〒108-8607 東京都港区高輪4-6-12 ユニセフハウス
(公財)日本ユニセフ協会 外国コイン募金係

注意点
内容物を記入する時は、コインやお金と書くと送付できないので、「メタル」と記入しましょう。

また、ニセフの募金箱に入れることで募金も可能です。

ユニセフ外国コイン募金箱の設置場所は、

  • 三井住友銀行
  • JTBグループ
  • 日本航空
  • 毎日新聞社

以上の4箇所です。

» ユニセフ外国コイン募金の公式サイト

外貨を余らせないためにできる工夫

外貨が余ってしまうと、海外旅行から帰ってきた後になかなか使えず、困ってしまうことがお分かりいただけたと思います。

次の海外旅行では、外貨をできるだけ余らせたくないですよね。

そこでここでは、次回の海外旅行で「外貨を余らせないためにできる工夫」を紹介していきます。

クレジットカードをなるべく使う

クレジットカード

海外旅行では、できるだけクレジットカードを使うようにしましょう。

最近では、発展途上国でもクレジットカードに対応している国が多くなってきました。

もちろん現金しか使えない場合もありますが、使えるところはクレジットカードを積極的に使っていきたいですね。

また、クレジットカードには紛失保険・盗難保険が付帯しているので、万が一の場合も安心です。

現金は盗難されてしまったらそれで終わりですが、クレジットカードの場合は補償がされるので、現金よりも安心して使うことができますよ。

クレジットカードを持っていない方は、海外旅行の直前でも間に合う!最短即日発行のクレジットカードの記事を参考にしてすぐに発行しましょう。

海外旅行の外貨調達は最小限・こまめにする

海外旅行の外貨調達は最小限・こまめにする

海外旅行をする前、

なんとなく、5万円くらいあれば大丈夫でしょー!
旅行中にお金が無くなったら困るし、ありったけ両替しておこう。

なんて適当に両替していませんか?

実はこの両替方法は、あまりおすすめしていません。

まずは、その国の物価や旅行の目的、現地で利用しそうな金額を決めて、両替は最小限にするようにした方が無駄がなくなるからです。

また、

とりあえず、1万円。無くなったから、また1万円両替しよう。

と言った感じで、外貨調達をこまめにするのもおすすめです。

持っている外貨が無くなってきたら、上手に使い切ろうとするので、どんどんコインが貯まっていく現象も少なくなりますね。

外貨をこまめに調達する方法としては、クレジットカードで海外キャッシングを利用するのが安全でコスパ良しです。

セディナカードを利用すれば、手数料無料で海外キャッシングできるので、海外旅行前に作っていきましょう。

» セディナカードは手数料無料で海外キャッシングができる最強クレジット

空港の免税店でお土産などを買って使い切る

外貨をたくさん持った状態で、帰りの空港に到着した場合は、免税店でお土産などを買って使い切るのもおすすめです。

空港での買い物

飛行機内で飲むドリンクや、お菓子、食べ物などの細かいものを買ってコインを使い切るのもいいですね。

私は余った外貨をよく免税店で使い切るのですが、その時は「外貨+クレジットカード」のあわせ技で支払いをしています。

支払いのときに、余った外貨をすべて出した後、

Can I pay the rest with the card?
残りはカードで払えますか?

と言えば、無事に支払いができますよ。

日本ではなかなか馴染みのない、お金とクレジットカードを使った支払い方法ですが、外国ではよくあることです。

しかも空港の免税店の方は、こういう購入方法をする人に慣れているので、一瞬で分かってくれるはず。

空港の募金ボックスに入れる

空港の募金ボックスに入れる

ちょっとだけお金が余ってしまったな。コインがポケットから少し出てきた!

こんな方は、各国の空港に設置してある「ユニセフユニセフ外国コイン募金箱」に外貨を入れて募金をしましょう。

日本に到着した国際線ターミナルにも募金箱が設置してあるので、余っている場合は募金をするのもいいですよ。

まとめ

本記事では、「自宅にある余った外貨の使い道や、外貨を余らせないためにできる工夫」について解説していきました。

もし何も活用さない外貨がタンスの奥に眠ってしまっているのなら、この記事で紹介した方法で、有効活用してください。

そして次回の旅行では、外貨を余らせないためにできる工夫をしっかりと押さえておき、できるだけ外貨を使い切るようにしましょう。

かっくん
かっくん

外貨を上手に使えるようになれば、もう立派な旅人です!

コメント