海外旅行保険は年会費無料の自動付帯クレジットカード複数枚でカバー

海外旅行保険は年会費無料の自動付帯クレジットカード複数枚でカバー

海外旅行に行く時、海外旅行保険には加入していますか?

旅行会社に頼んでしっかりと加入している、短期間なら加入しない、何も考えてなかったなど、様々な人がいると思います。

結論から言うと、「海外旅行保険は必要で、事前に加入しておくのがベスト」

理由は海外でもしケガや病気などで医療機関にかかると、高額な医療費が請求されしまうので、もしものことを考えると加入しておくべきです。

かっくん
かっくん

自分で大丈夫だと思っていても、何が起こるかわからないのが海外旅行なので、海外旅行保険には絶対加入しておきましょう。

とは言え、海外旅行の航空券やホテル代だけで数十万円も使っているので、海外旅行保険の代金を少しでも節約したいですよね。

海外旅行保険に加入したいけど、申し込むのがめんどくさいと感じられる方もいると思います。

そこで今回は、私が実際に使っている、持っているだけ(自動付帯)で海外旅行保険に加入できる年会費無料のクレジットカードを紹介していきます。

クレジットカードを複数枚発行することで、補償カバー額を合算して大きくすることができるので、普通の海外旅行保険以上の補償額を適用させる裏技的方法も可能です。

この記事を参考にして、海外旅行保険にお得に快適に加入しましょう。

タップできる目次

年会費無料の海外旅行保険自動付帯クレジットカード

年会費無料の海外旅行保険自動付帯クレジットカード

私が実際に持っていて利用している、年会費無料の海外旅行保険自動付帯クレジットカードを3枚紹介します。

この3枚を発行するだけで、海外旅行保険はほぼほぼカバーできますよ。

エポスカード

エポスカード

エポスカードに付帯する海外旅行保険の詳しい補償内容は以下の通りです。

補償項目 最高補償額
傷害死亡・後遺障害 500万円
傷害治療費用 200万円
疾病治療費用 270万円
賠償責任 2,000万円
救援者費用 100万円
携行品損害 20万円

エポスカードにはその他にもお得な割引があるカードでして、日本の普段遣いでもおすすめですよ。

» エポスカードを発行する

年会費はもちろん無料なので、サクッと発行しておきましょう。

ここらへん詳しくは「エポスカードは海外旅行保険が自動付帯でおすすめです【年会費無料】」にて記載しています。

あわせて読みたい
エポスカード|海外旅行でのメリット・デメリットを解説【年会費無料で保険自動付帯】
エポスカード|海外旅行でのメリット・デメリットを解説【年会費無料で保険自動付帯】海外旅行に持っていくとお得な年会費無料のクレジットカードはたくさんありますが、その中でも最上級にお得な「エポスカード」を紹介していきます。エポスカードは年会...

Booking.comカード

Booking.comカード

Booking.comカードに付帯する海外旅行保険の詳しい補償内容は以下の通り。

補償項目 最高補償額
傷害死亡・後遺障害 300万円
傷害治療費用 100万円
疾病治療費用 100万円
賠償責任 2,500万円
救援者費用 150万円
携行品損害 20万円

Booking.comカードは発行するだけでGenius会員になることができ、Booking.comの一部のホテルが10%オフの料金で予約することが可能です。

しかもBooking.comカードでホテル代を支払うことで、自動的に6%キャッシュバックされます。

これらの特典を使うと、Booking.comカードを利用してホテル予約をするだけで、16%も安い価格でホテルに宿泊が可能になりますよ。

» Booking.comカードを発行する

年会費も無料なので、発行しない手はないですね。

ここらへん詳しくは「Booking.comカードでホテルを安く予約【5〜10%割引キャッシュバック】」にて記載しています。

あわせて読みたい
Booking.comカードでホテルを安く予約【5〜10%割引キャッシュバック】
Booking.comカードでホテルを安く予約【5〜10%割引キャッシュバック】Booking.comカードでホテルを安く予約したい人Booking.comカードを利用すると、ホテルを安く予約できるみたいだけどどうなんだろう。Booking.comカードのお得さや特典を...

横浜インビテーションカード(ハマカード)

横浜インビテーションカード

横浜インビテーションカードに付帯する海外旅行保険の詳しい補償内容は以下の通りです。

補償項目 最高補償額
傷害死亡・後遺障害 2,000万円
傷害治療費用 200万円
疾病治療費用 200万円
賠償責任 2,000万円
救援者費用 200万円
携行品損害 20万円

横浜インビテーションカードは、持っているだけで高い海外旅行保険補償額を適用することができます。

その他にはあまりメリットがないクレジットカードなので、海外旅行保険のために発行しておく感じかと思います。

» 横浜インビテーションカードを発行する

海外旅行保険の補償額は合算が可能

海外旅行保険付きのクレジットカードを複数枚持っていた場合、補償額が合算可能です。

例えば、傷害治療費用補償額がそれぞれ200万円のクレジットカードを2枚持っていたとすると、両方の補償額が合算されるため、最高傷害治療費用補償額は400万円になります。

ただし、海外旅行傷害保険補償額のうち、傷害死亡・後遺障害補償に関しては補償額が合算されません。

複数枚持つカードのうち、最も補償額の多いカードのみ適用されます。

上記おすすめクレジットカードの合算補償額

今回紹介したクレジットカード、

以上の3つの合計補償額は、以下の通り。

補償項目 エポスカード Booking.comカード ハマカード 合算最高補償額
傷害死亡・後遺障害 500万円 300万円 2,000万円 2,000万円
傷害治療費用 200万円 100万円 200万円 500万円
疾病治療費用 270万円 100万円 200万円 570万円
賠償責任 2,000万円 2,500万円 2,000万円 6,500万円
救援者費用 100万円 150万円 200万円 450万円
携行品損害 20万円 20万円 20万円 60万円

※傷害死亡・後遺障害補償は、合算の中から最高額が適用されます。

海外旅行保険自動付帯クレジットカードをおすすめする理由

海外旅行保険が自動付帯のクレジットカードをおすすめする理由は、以下の通り。

年会費無料なのでお金がかからない

海外旅行保険を適用するためにクレジットカードを発行するわけですが、年会費がかかってはあまり意味がありません。

今回紹介した3つのクレジットカードに関しては、発行手数料も年会費も永年無料なので、お金がかかる心配がありません。

クレジットカードを発行して、海外旅行保険を適用させ、そのまま使わず放置しておくという選択もできますね。

交通費などの支払いがなくても海外旅行保険が適用される

海外旅行傷害保険を自動付帯するクレジットカードは、交通費の支払いに利用しない場合も、保険が適用されます。

交通費などの支払いをすると海外旅行保険が適用される「利用付帯」とは違い、発行して持っているだけでOKなところが嬉しいですね。

海外旅行保険に申し込む際は、個人情報を記入して、料金を支払ってなどめんどくさい処理が多いので、わずらわしいのが好きじゃない人にもぴったりですね。

海外に携行しなくても保険が適用される

海外旅行保険が自動付帯するクレジットカードは、海外に携行しなくても保険が適用されます。

海外旅行にクレジットカードをたくさん持っていくのは、盗難やスキミングなどのリスクがあるので、避けたいところ。

保険を適用させるために海外旅行の際にクレジットカードをたくさん持っていく必要はなく、自宅に置いておいても保険が適用されるのでリスクがなく安心ですよ。

クレジットカードを発行するだけの簡単適用なので、嬉しいですね。

海外旅行保険は年会費無料の自動付帯クレジットカード複数枚でカバーのまとめ

今回ご紹介した3つのクレジットカードを発行しておけば、全くお金がかからず、かなり高額な海外旅行保険を適用させることができます。

クレジットカードを申し込むのは面倒に感じるかも知れませんが、海外旅行のたびに保険に申し込むことを考えると、時間的にも金銭的にもメリットだらけです。

これらのカードを一度持ってしまえば、今後ずっと旅行保険に入る手間がなくなりますよ。

しかも海外旅行保険代金も浮きますので、カード発行しない手はないですね。

というわけで、今回は以上です。

海外旅行保険は年会費無料の自動付帯クレジットカード複数枚でカバーしましょう!

※すべて年会費無料。

よかったらシェアしてね
タップできる目次
閉じる