送料無料!台湾からお土産を取り寄せできるサービス

logicool KEYS-TO-GOレビュー!旅行の持ち運びに便利なキーボード

logicool KEYS-TO-GO レビュー

旅行中にSNSや文章作成などに、文字をサクサク入力したい時ってありますよね。

ノートパソコンを持って行くのもいいけど、持ち運ぶのは重いし、故障や盗難も心配です。

スマホやタブレットでも文字は入力できないことはないですが、長めの文章を入力するとなると、やっぱりキーボードでの入力が便利。

そこで今回は、軽量かつ最薄で持ち運びがしやすく、旅行先での文字入力が便利になる「logicool KEYS-TO-GO」を紹介していきます。

logicool KEYS-TO-GOのポイント
  • 厚さ6㎜・重さ180gと持ち運びやすい
  • タイピング時の優れた静音性
  • 丈夫なカバーで覆われており、耐水性と耐久性あり
  • スタンドが付属

logicool KEYS-TO-GOの外観と付属品

logicool KEYS-TO-GOのキーボード

パッケージを開封すると、マットな質感のかっこいいキーボードの登場。

英語レイアウトのキーボードで、iOS用のホットキー(最上段の機能ボタン)も搭載しています。

キーピッチ(キーの感覚)は17mmと、持ち運びのキーボードとしては広めになっており、タイピングがしやすい。

logicool KEYS-TO-GOの裏

裏面はシンプルで、logiのブランドロゴが記載されています。

本体はレザーのような滑りにくい素材でできているので、タイピング中にキーボードがずれてしまう心配がありません。

裏面がしっかりしているので、快適に文字入力が可能です。

KEYS-TO-GOとiPadと薄さ比較
KEYS-TO-GOとiPadと薄さ比較

KEYS-TO-GOの最大の特徴はその薄さで、その薄さなんと6mmとキーボードとして最薄です。

iPadと重ねてみても、一目瞭然の薄さですね。

薄いからと言って文字が打ちづらいことはなく、普通の仕事でも使える快適な打ち心地です。

KEYS-TO-GOとiPadの大きさ比較
KEYS-TO-GOとiPadの大きさ比較

高さ137mm・幅242mmのサイズ感で、iPadと比べてもその小ささが分かりますね。

付属品

logicool KEYS-TO-GOの付属品
logicool KEYS-TO-GOの付属品

logicool KEYS-TO-GOの付属品は、

  • 製品本体
  • スタンド
  • Micro-USB充電ケーブル

以上の3点。

充電器は付いてこないので、iPhoneなどの充電器で代用しましょう。

充電はMicro-USB

logicool KEYS-TO-GOの充電部分

本体への充電は、Micro-USBでの充電となります。

1日2時間のタイピングの場合、1回のフル充電で3ヶ月使用可能なので、あまり充電は気にしなくてもOKです。

充電残量の確認は、iPhoneなどのBluetooth画面からできます。

スペックの詳細

logicool KEYS-TO-GOのスペックは以下の通り。

対応デバイスiPhone, iPad, Apple TVなどのiOSデバイス
サイズ高さ: 137mm
幅: 242mm
奥行き: 6mm
重量180g
電源充電式バッテリーによる電力供給
1回の充電で3ヶ月使用可能
キーボード17mmキーピッチ。
iOSショートカットキー付き
保証情報2年間無償保証付き
型番iK1042BKA
付属品製品本体
スタンド
Micro-USB充電ケーブル

logicool KEYS-TO-GOの特徴

見た目の紹介をした後は、logicool KEYS-TO-GOの特徴を4つ紹介していきます。

厚さ6mm・重さ180gと携帯性が抜群

旅行をする際、荷物の量を抑えたい時にこのキーボードがとても便利です。

例えば飛行機に乗る時、機内持ち込み手荷物には重量制限がありますが、これなら超コンパクトなので荷物としてかさばりません。

logicool KEYS-TO-GOは厚さ6㎜・重さ180gと携帯性が抜群

iPad Pro 10.5インチと重ねて持ってもこの薄さなので、重ねてバッグに収納することが可能。

MacBook Proを持ち運ぶと1.4kgですが、iPadとKEYS-TO-GOであれば合計651gと、半分以下の重さでタイピング環境が持ち運べますよ。

iPhone11 ProとKEYS-TO-GOに至っては、合計368gと4分の1くらいの重量でとても身軽です。

携帯性が抜群なので、荷物としてかさばらないのがいいですね。

スタンドが付属

logicool KEYS-TO-GOはスタンドが付属

KEYS-TO-GO専用に作られた、iPhone用のスタンドが付属しています。

キーボードに直接付けて使うことができて取り外しも簡単。

パッケージにスタンドはiPhone専用と書いてありますが、iPad Proでも全く問題なく使えました。

キーボードにスタンドが固定されるおかげで、手を離してもバランスを保って自立してくれます。

タイピング音が静か

logicool KEYS-TO-GOのキーボード

文字入力時に音が出そうな薄い見た目ですが、レザーの様な素材に覆われているため、タイピング音がかなり静かです。

新幹線や飛行機の中でキーボードを使う場合でも、気になるタイピング音がほぼしないので、周りに迷惑を掛ける心配もありません。

移動時間も有意義に文字入力ができます。

耐水性と耐久性あり

logicool KEYS-TO-GOは耐水性と耐久性あり

誤ってキーボードに液体をこぼしてしまうことも起こり得ます。

KEYS-TO-GOは耐水性のあるカバーで覆われているので、液体をこぼしてしまってもさっと拭くだけでOK。

小さいゴミなどの汚れからも守ってくれるので、バックにそのまま投げ入れても全く問題はありません。

持ち運び用のキーボードなので、耐久性があるのは心強いですね。

logicool KEYS-TO-GO レビューまとめ

というわけで本記事では、旅行先での文字入力が便利になる「logicool KEYS-TO-GO」のレビューを書いていきました。

持ち運び用のキーボードはハズレが多い印象でしたが、logicool KEYS-TO-GOの使い勝手は最高です。

何より超薄型でかさばらず、携帯性に優れているのがいいですね。

旅行用に持っていく、コンパクトで持ち運びしやすいキーボードをお探しの方におすすめですよ!

コメント