海外旅行に必須のエポスカードで海外旅行保険が無料

台湾のコンセント形状や電圧について【変換プラグは必要?】

台湾のコンセント形状や電圧について【変換プラグは必要?】

コンセントの形は国によって様々で、日本と形状が違う場合は変換プラグを持っていく必要があります。

ホテルで充電したかったのに、コンセントの形が違って困った!なんて方もいるのではないでしょうか。

そこで今回は、台湾旅行へ出発する前にチェックしておきたい、電圧とコンセント変換プラグ事情、変圧器について説明していきます。

台湾の電源コンセントの形状は日本と同じAタイプ

台湾の電源コンセントの形状は日本と同じAタイプ

台湾は日本と同じAタイプのコンセント形状をしており、日本の電化製品を利用するのに変換プラグは必要ありません。

日本で使っていた充電器などをそのまま台湾で使えるのは手軽ですし、荷物が減るのでありがたいですね。

 

たまに台湾では、1%の確率でタイプCのコンセント形状を見ることがありますが、本当に少ないですし、ホテルのフロントで変換アダプタを貸してくれる場合がほとんどです。

心配な人は、この記事のあとで解説する「海外旅行におすすめなコンセント変換プラグ」を参考にしてください。

 

台湾の電圧は110V

日本の電圧は100V、台湾は日本より10V高い110Vです。

10Vの違いですが、日本の100V専用の電化製品をそのまま使い続けてしまうと、性能が悪化してしまう可能性もあります。

そのため台湾旅行の際は、台湾の電圧にも対応している電子機器だけを持っていくのが良いでしょう。

スマートフォンやパソコン、デジカメなどの電子機器は「マルチボルテージ仕様」といって、全世界の電圧に対応しています。

そのため台湾旅行の際にも、そのまま使うことができますよ。

 

台湾旅行にコンセント変換プラグや変圧器は必要?

  • コンセント変換プラグ ← 必要
  • 変圧器 ← いらない

私の旅行スタイルだと、iPhoneとMacBookとモバイルバッテリーくらいしかコンセントを使う機会はないので、「コンセント変換プラグは必要だけど、変圧器はいらない」という結論に至りました。

変圧器は、自分専用のドライヤーやアイロンを海外で使いたい人がいれば必要となるので、旅行前に準備しておきましょう。

 

最近は全世界の電圧に対応したドライヤーやアイロンも売ってるので、海外旅行を多くする人は買っておくと便利だと思います。

 

海外旅行におすすめなコンセント変換プラグ

海外旅行で使える、おすすめコンセント変換プラグを紹介していきます。

台湾旅行では必要ありませんが、海外旅行をよくする人や好きな人は一つだけでも持っておくと便利ですよ。

 

【サンワサプライ】全世界対応9種類対応できるマルチ変換アダプタ

【サンワサプライ】全世界9種類対応できるマルチ変換アダプタ

1台でほぼ全世界9種類のプラグ形状に変換できるマルチ変換アダプタです。

スマートフォン、タブレット、ノートパソコンなどの電気製品を海外で使用する際の電源プラグ形状変換アダプタとして使用することができます。

 

この商品は自由自在に形を変え、世界中のコンセントに差し込むことができる超最強の変換アダプタなので、海外旅行者は絶対に持っておくべきですよ!

 

【Evershop】ガジェットが多い人向けコンセント変換プラグ

私は海外旅行の際、

  • iPhone
  • MacBook Pro
  • Apple Watch
  • モバイルバッテリー2つ
  • アクションカム

最低でも上記のガジェット類を持っていきます。

そこで困るのが、「コンセント変換はできるけど、充電できるガジェット数が少ない」ことです。

 

すべて充電してから寝たいのですが、コンセントの数が足りず困ってしますんですよね。

そこで登場するのが、4種類とUSB充電搭載の変換プラグを搭載した「Evershop変換プラグ」です。

  • 4つのUSB-A充電
  • 1つのUSB-C充電
  • 1つのコンセント

以上を搭載しており、頑張れば一気に6つのガジェットを充電できる、かなり使えるやつです。

サンワサプライのコンセント変換器と合わせて持っていくと、最強の電気周りが完成しますよ。

 

ここらへん詳しくは「【Evershop】海外用コンセント4種類とUSB充電搭載の変換プラグ」にて記載しています。

【Evershop】海外用コンセント4種類とUSB充電搭載の変換プラグ

 

台湾のコンセント形状や電圧について【変換プラグは必要?】まとめ

というわけで本記事は、「台湾のコンセント形状や電圧について【変換プラグは必要?】」について書いてきました。

台湾旅行では変換プラグも変圧器も基本的には要りませんが、こだわりの電化製品を使いたい人や心配な人は持っていくようにしましょう。

変換プラグは1つ買っておくと全世界に対応できるので、無駄なく使い続けることができますよ。

この機会に、買ってみてはどうでしょうか。

この記事が気に入ったら
「いいね!」お願いします!

コメント