送料無料!台湾からお土産を取り寄せできるサービス

海外旅行のコンセントについて知っておきたいこと|変換プラグ・変圧器

海外旅行のコンセントについて知っておきたいこと|変換プラグ・変圧器

海外旅行のコンセントに不安のある人

海外旅行先で日本の電化製品はそのまま使えるのかな?
変換プラグだけでは電化製品は使えないのかな?

変圧器が必要かも?って聞いたことがあるんだけど、いまいち分からない…
海外旅行に変圧器は必要なの?

今回はこんな不安がある方に、

  • 海外旅行で日本の家電はそのまま使える?
  • 海外旅行のコンセントについて知っておきたいこと
  • 変換プラグ・変圧器とは

について書いていきます。

この記事を読めば、海外旅行前の荷造りや、海外のコンセントや充電事情について詳しく知ることができますよ。

海外旅行で日本の家電はそのまま使える?

電源プラグ

海外では、日本の電化製品がそのまま使えないことがほとんどです。

じゃあどうしたらいいの?ってところですが、海外で日本の電化製品を使う為に必要な条件があります。

その条件とは、

  • コンセントの形状が合っている
  • その国の電圧に対応した製品である

以上の2点で、これをクリアすると日本の電化製品を海外で使うことが可能に。

何やら難しく聞こえますが、この記事を読めばすぐに理解でき、海外でも簡単に日本の電化製品を使うことができますよ。

まずは、海外で日本の電化製品を使う時に必要な

  • 変換プラグ
  • 変圧器

以上の2つについて解説していきます。

変換プラグ・変圧器とは

海外で日本の電化製品を使う時に必要なものが「変換プラグ」と「変圧器」です。

  • 変換プラグ:コンセントを現地の形状に合わせる商品
  • 変圧器:現地の電圧を日本の家電に合わせる商品

変換プラグ:コンセントを現地の形状に合わせる

日本のコンセントは「Aタイプ」と呼ばれる縦2本のものが利用されています。

海外では日本と同じAタイプの他にも、BタイプやCタイプなどたくさんの形状があり、日本のコンセントプラグをそのまま挿すことができません。

そこで必要なものが「変換プラグ」です。

海外旅行先のコンセント形状が日本と異なる場合は、この変換プラグを使うことで、簡単に現地の形状に対応させることができますよ。

人気海外旅行先のコンセントプラグの種類

国名プラグタイプ
韓国C・SE
中国C・SE
台湾A・O
香港B・B3・BF・C
タイA
ベトナムA・C
フィリピンA・B3・C
シンガポールB・B3・BF
オーストラリアO
ニュージーランドO
アメリカA
ハワイ(アメリカ)A
グアム(アメリカ)A
カナダA
ロシアC
フランスC・SE
ドイツC・SE
スペインC・SE
イタリアC
イギリスBF

旅行先で必要な変換プラグを確認して、忘れずに持っていきましょう。

変換プラグのおすすめはマルチタイプ

マルチ変換プラグ

変換プラグは通常、1つのコンセント形状に変換することしかできません。

変換プラグにはマルチタイプもありまして、これを利用すればどんなコンセント形状であっても変換することができます。

要するに、マルチタイプの変換プラグを1つ持っておくだけで、全世界で使うことが可能になって便利なんです。

上の画像のように分解したり合体させたりして、現地のプラグに合わせます。

マルチタイプの変換プラグを持っていれば、渡航先のコンセントタイプが何か調べて用意する必要がなくなり、非常に便利ですよ。

かっくん
かっくん

私も海外旅行に初めて行ったとき、このマルチタイプを購入しました。

マルチタイプにはUSB充電も一緒になった商品もあり、ガジェットをたくさん持っていく人はこちらもおすすめです。

詳しくは、 【Evershop】海外用コンセント4種類とUSB充電搭載の変換プラグに記載しています。

変圧器:現地の電圧を日本の家電に合わせる

日本の電圧は「100V」で、日本で販売されている電化製品は100V電圧に対応したものが販売されています。

海外の多くの国では日本と電圧が 異なり、100Vのみに対応した電化製品をそのまま海外で利用してしまうと、高電圧となり機会が故障してしまいます。

そこで必要なものが電圧を調節してくれる「変圧器」です。

利用したい電化製品が海外旅行先の電圧に対応していない場合は、この変圧器を使うことで利用できるようになりますよ。

人気海外旅行先の電圧の種類

国名電圧
韓国110V / 220V
中国220V
台湾110V
香港200V / 220V
タイ220V
ベトナム110V / 220V
フィリピン220V
シンガポール230V
オーストラリア240V
ニュージーランド230V / 240V
アメリカ 120V
ハワイ(アメリカ)120V
グアム(アメリカ)120V
カナダ120V
ロシア220V
フランス220V
ドイツ220V
スペイン220V
イタリア220V
イギリス240V

旅行先の対応電圧を事前に確認しておきましょう。

変圧器は必要ない場合がほとんど

とは言え、現在の電化製品はグローバルモデルが多く、変圧器は必要ない場合がほとんど。

スマホ、カメラ、モバイルバッテリーをはじめとした、海外旅行に持っていく家電のほとんどが世界中の電化製品に対応しています。

海外の電圧に対応しているかは、持っていく家電の裏面を見れば簡単に調べることができますよ。

100V-250Vのような表記があれば、問題なく海外でも利用できるので、変換プラグを持っていくだけでOKです。

変圧器は買わず対応家電を買う方が安心

ドライヤーをかける女性

ヘアドライヤー、ヘアアイロンなどの消費電力の大きい電化製品は、海外の電圧に対応していないことがほとんど。

しかもこのような電力の大きい家電は、海外で利用する場合はかなり大きな変圧器が必要となるので、あまり海外旅行向きではありません。

もし使えたとしても壊れてしまう場合が多いので、ヘアドライヤー、ヘアアイロンは「海外対応製品」の購入をおすすめします。

家電量販店でも海外対応製品が売っていますし、めんどくさい場合はアマゾンや楽天などでサクッと購入しておきましょう。

どうしても日本の家電を海外で使いたならこの変圧器がおすすめ

よくある変圧器はサイズが大きいことがほとんどですが、この変圧器はかなりコンパクト。

しかも、変圧器に変換プラグが付いているので、これ1つだけ持っていけば海外のプラグにも電圧にも対応できます。

150Wまでの家電しか利用できませんが、もしものためのショート防止機能も付いているので安心ですよ。

まとめ:海外旅行のコンセントについて知っておきたいこと

というわけで本記事は、海外旅行のコンセントについて知っておきたいこと、変換プラグ・変圧器について解説してきました。

変圧器は必要になることは少ないですが、変換プラグは必要なことがほとんどなので、忘れずにしっかり準備して持っていきましょう。

コメント