送料無料!台湾からお土産を取り寄せできるサービス

西安市内から西安咸陽国際空港へバスでの行き方・アクセス方法|中国

西安空港までのバス

西安市内から西安空港までの行き方は、主に以下の3種類あります。

  • 空港バス
  • タクシー
  • 地下鉄

2019年9月、空港まで直接アクセスできる地下鉄が開通したことで、空港までのアクセスが便利になりました。

ところが、西安市内からは「西安北駅(新幹線駅)」で1度乗り換える必要があり、重いスーツケースなどの荷物を運びながら移動するのは正直つらい。

タクシーも快適ですが値段が高いです。

そこでオススメな移動手段が、空港バスを利用してのアクセス。

というわけで本記事では、

  • 乗り換えが無く空港まで直接アクセス
  • 重い荷物を運ぶ必要がない
  • 値段が安い
  • 24時間運行で、早朝便・深夜便に対応

上記のメリットがある、「空港バス」を利用した行き方を紹介していきます。

西安市内から西安空港まで移動したい人は、本記事を参考にして、快適にコスパよく空港まで移動しましょう。

西安市内から西安空港までバスでの行き方・アクセス方法

西安市内から西安空港まで、空港バスでの行き方・アクセス方法を解説していきます。

 

西安空港行きのバスのりば

西安空港行きのバスのりば

西安空港行きのバス乗り場は、地下鉄1号線「五口路駅」の出口Aを出てすぐのところにあるので、簡単にアクセスができます。

「机场巴士」とオレンジ色の文字で書いてあるので、とても見つけやすいですよ。

このバス乗り場は、「西安火车站」(西安駅)と書いてあることがありますが、西安駅500m徒歩10分程度離れているので注意してください。

» Baidu地図でバス乗り場を見る

 

乗車チケットの買い方・乗車料金

乗車チケット売り場

建物に入ると、目の前にチケットオフィスがあるので迷うことはありません。

 

空港バスの乗車料金

空港バスの乗車料金は、大人1人あたり25元=約400円。

乗車チケットの買い方も簡単で、「エアポートバス」と言って、乗車料を渡すだけでした。

ここの乗り場は西安空港に行く人専用の乗り場なので、皆さん西安空港に向かう様子でしたよ。

タクシーを利用すると、値段が空港バスの5〜7倍程度になるので、空港バスはかなりコスパが高いですね。

 

荷物を預けてバスに乗る

西安空港までのバス

簡単な荷物検査を受け終わって空港バスの方に向かうと、すでにバスが停まっていたので、荷物を預けて乗り込みます。

 

西安空港までのバスの荷物預け

荷物は日本のバスと同様、バスの下にあずけて預かり表をもらうシステム。

預かり表は荷物を受け取る時に必要になるので、無くさないようにしておきましょう。

 

乗り方ですが、先程購入したチケットを見せるでもなく普通に乗り込むことができました。

空港バス専用のバス停と言うだけあって、流れ的にとてもスムーズでしたよ。

 

西安市内から西安空港までの所要時間

西安市内から西安空港までの所要時間

私が実際に乗った、西安市内から西安空港までのエアポートバスです。

第2ターミナルに停車した後、第3ターミナルで停車するので、降りる場所を間違えないようにしましょう。

乗車時間は48分で、実際は深夜だということもあり45分くらいで到着しました。

交通状況にもよると思いますが、中国の公共交通機関は遅れがちなので、時間には余裕を持って行動しましょう。

ちなみに空港バスは「20分間隔で24時間運行」しているので、早朝便や深夜便を利用する人でも利用することができますよ。

 

まとめ:西安市内から西安咸陽国際空港までは空港バスが便利

というわけで本記事は、「西安市内から西安咸陽国際空港までの行き方・アクセス方法」について書いてきました。

空港バスは、乗り換え無しでコスパよく移動できるのが最大のメリット。

20分間隔で24時間運行しているので、早朝便や深夜便を利用する人も安心して利用することができますね。

西安空港までのアクセス方法は様々ありますが、バランスを考えると空港バスを利用してのアクセスが一番オススメです。

 

西安3泊4日の個人旅行で訪れるべき「観光スポット・モデルコース」を別記事にて詳しく解説しています。

西安旅行を計画している方は、参考にしてみてください。

» 関連:西安3泊4日の個人旅行で訪れるべき観光スポット・モデルコース

西安3泊4日の個人旅行で訪れるべき観光スポット・モデルコース

コメント